ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    マーコス1650GT(英国車-1968年)

    2010/09/05 21:58|輸入車-マーコスTB:0CM:0
    マーコス1650GT(英国-1968年)_01
    マーコス 1650GT
    (Marcos1650GT-イギリス-1968年)

    非常に珍しい英国車を紹介します。マーコス1650GT
    マーコスは、60年代に活躍したスポーツカーメーカーで、ミニ・マーコスやマーコス1600GTなどが、日本でも有名です。
    また、後年には、マーコス・マンチュラと云う1600GT似のモデルも輸入されていました。
    中でも、マーコス1600GTの生産に入る前、1500GTをベースに少数だけ作られたと云うのが、1650GTです。




    マーコス1650GT(英国-1968年)_02
    FRPの製の軽いボディに、フォード製のエンジンを搭載した本格ライトウエイトスポーツです。
    【スペック】
    エンジン:フォード製 OHV直列4気筒 1652cc
    最大出力:140ps
    駆動方式:FR
    車両重量:750kg
    ボディ材質:FRP



    マーコス1650GT(英国-1968年)_03
    全体のフォルムですが、車体は非常に低く、アグレッシブなボディラインが特徴である。
    特に、後ろから見たフォルムは個性的で、テールエンドがかなり低く垂れ下がったように見える独特の造形をしている。







    マーコス1650GT(英国-1968年)_04
    ボディ全体は、そこそこ大きく見え、典型的なロングノーズ、ショートデッキスタイルだ。
    そのショートデッキに作られたコックピットは、当然ながらコンパクトである。
    ロータス・ヨーロッパなどの英国軽量スポーツカーのそれに通じる、コンパクトでも決して荒削りではない、英国車ならではの気品が感じられる美しい室内である。

    ただ、ステアリングを見てのとおり、フォーミュラー並の小径が、バランスよく感じられるほど、実際に乗り込むとタイトなように思える。


    マーコス1650GT(英国-1968年)_05
    ドライバーのお尻の位置が、リヤアクスルに近く、且つ相当に低い着座位置ゆえに、かなり繊細に挙動を感じられるポジションと思われる。

    典型的な2シータースポーツのお手本のようなフォルムは、非常に美しい。







    マーコス1650GT(英国-1968年)_06
    斜め後ろからのフォルム。
    マーコス1650GTが最も美しく見える位置のように思う。
    ただ、この位置からの写真を撮るには、カメラマンは殆ど地面を這うような位置にファインダーを構える必要がある。
    このときは、土手を下りて、下から撮った。

    ウエストラインの筋肉質な流れるようなライン、細長く突き出たエキゾーストパイプ。
    テールエンドがかなり絞り込まれているのが、この位置からだとよく判る。


    マーコス1650GT(英国-1968年)_07
    前からのショット。
    2枚目の写真が、身長170cmの人間が普通にカメラを構えた位置からの眺め、こちらは、立てひざを突いて、出来るだけしゃがんだ姿勢で撮ったのだが、それでもまだ足りないほど低い。

    FRだが、レイアウトはフロントミッドシップで、ゆえにフロントホイールから前の部分はこのように薄く絞り込まれていても機器の配置に支障はない。




    マーコス1650GT(英国-1968年)_08
    FRP製のエンジンフードは、このようにカウルになっていて、バルクヘッドから前が、ほぼ丸ごと開く。
    60年代のレーシングマシンに通じる姿である。

    フォード1650ccユニットが、フロンとアクスルよりも内側にマウントされているのが判る。





    マーコス1650GT(英国-1968年)_09
    1650GTは、ウェーバーキャブレターを2機備える。
    ヘッドカバーは、60年代ロータスなどでもおなじみのものだ。
    スチール製のフレームワーク、フロントアクスル周り、等長排気管(タコ足)もよく見える。
    元がレーシングカー製造から始まっているメーカーだけあって、整備性はとても良さそうだ。


    【こぼれ話】
    取材当時、クラシックカーミーティングでひときわ異彩を放っていたので、吸い込まれるようにこのクルマに見入って、オーナーさんにいろいろとお話を伺うことができた。
    マーコス1650GTは、3台しか創られなかったと云う伝説があるほど、希少なクルマであり、そして魅力的な英国スポーツ車なのである。

    マーコス・マンチュラ・スパイダー(1984年)
    最後に大きな画像は残っていないのだが、1984年に日本に輸入された「マーコス・マンチュラ・スパイダー」の写真を掲載しておく(当時の大阪外車ショウにて)。

    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/12-df8b0ff9

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。