ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    フォーミュラマシン特集

    2012/12/15 02:39|【特集】TB:0CM:0
    アルファロメオ179(Formula1 - 1980年)_01フォーミュラマシン特集】
    ここでは、1980年代~90年初頭までの様々なフォーミュラマシンをご紹介します。
    フォーミュラ以外にも、レース専用車両と云うことで幾つかを交えています。

    華やかな時代を駆け抜けた、地上の戦闘機たちをお楽しみくださいませ。





    アルファロメオ179(Formula1 - 1980年)_02アルファロメオ179
    (Alfa-Romeo Tipo179 - フォーミュラ1)

    1979年~1981迄活躍した、アルファロメオのワークスF1マシン。
    後ろに写真が飾ってある、ブルーノ・ジャッコメリ(Bruno Giacomelli)がドライブした。

    Tipo179は、他に、179B~Dタイプまでがある。
    パトリック・デュパイエ(Patrick Depailler)やマリオ・アンドレッティ(Mario Andretti)、アンドレア・デ・チェザリス(Andrea de Cesaris)などがドライブした。

    特に、当時の日本での展示車両は、正確に当時のままではなく、この個体は1982年のTipo182のカラーリングが施されているようでした。


    フェラーリ126C4(Formula1 - 1984年)_01フェラーリ126C4
    (Ferrari 126 C4 - フォーミュラ1)

    1984年シーズンを走った、ハーヴェイ・ポスルスウェイト(Harvey Postlethwaite)が設計した、ターボ時代のF1マシンです。

    ステアリングを握ったのは、ミケーレ・アルボレート(Michele Alboreto)と、ルネ・アルヌー(René Arnoux)。


    フェラーリ126C4(Formula1 - 1984年)_02Tipo031と云うエンジンは、1500cc 120度のV6ターボを搭載し、最高出力は800HPと言われています。
    ターボF1らしく、かなり大きなウイングが特徴です。リヤタイヤも幅が広く、ド迫力です。

    戦績は、ポールポジション1回、優勝1回を記録しています。


    マクラーレンMP4-5Bホンダ(Formula1 - 1990年)マクラーレン・MP4/5B・ホンダ
    (McLaren MP4/5B HONDA - フォーミュラ1)
    日本人にはおなじみの、栄光のマシンです。
    MP4/5Bは、アイルトン・セナ(#27)とゲルハルト・ベルガー(#28)のコンビが乗った1990年のマシンで、日本GPのスタート直後に、セナがプロストにカミカゼアタックを仕掛けたことでも有名です。
    1990年のコンストラクターズ(製造者部門)と、セナがドライバーズチャンピオンになりました。


    ブラバムBT59Yヤマハ(Formula1 - 1991年)ブラバム・BT59Y・ヤマハ
    (Brabham BT59Y YAMAHA - フォーミュラ1)
    1991年シーズンで最初の2戦だけ闘ったと云うレアなマシンで、1990年型の改良版シャーシに、ヤマハOX99型 5バルブV型12気筒エンジンを搭載しています。
    ドライバーは、マーティン・ブランドル(Martin Brundle)と、マーク・ブランデル(Mark Blundell)の英国人コンビでした。


    シェブロンB36BMW(FujiGrandChampion - 1978年)シェブロン・B36・BMW
    (Chevron B36 BMW - 富士GCシリーズ)
    シェブロンB36のGC仕様です。1978年に富士グランチャンシリーズを走ったようです。
    B36は、スポーツカー世界選手権でも活躍したマシンで、フォードエンジンを搭載していたり、GCでもマツダロータリーを搭載したマシンもありましたが、この個体はBMW M12/6(多分F2用エンジン)を搭載しているようです。
    今や、大変希少な一台です。


    ウエスト85Sマツダ(SportscarJunior - 1985年)_01ウエスト・85S・マツダ
    (WEST 85S MAZDA - SJ/RJクラス)
    ウエストレーシングカーズが制作した、SJ(スポーツカージュニア)、RJ(ロータリージュニア)レース用のマシン。
    プチグランチャンマシンと云ったいでたちで、風の当たるシングルシーターの本格的なスポーツカーの形をしており、当時の鈴鹿1000kmなどのスポーツカー耐久レースにも出場出来るよう、ヘッドライトを装着出来るようにカウルに型が着いています。


    ウエスト85Sマツダ(SportscarJunior - 1985年)_0SJクラスでは、スバルの水平対抗式4気筒1800ccエンジンやマツダ12A型のロータリーエンジンを、RJでは、マツダ12A型ロータリーエンジンを搭載していたようです。

    シェブロンB36のように角ばっていた83Sからのモデルチェンジで、85Sは、丸みを帯びて、当時のGCマシンの風体に仕上がっており、全体的にとてもバランスの良く、かっこいいデザインになっています。


    ウエスト84Jスバル(Formula Junior 1600 - 1984年)ウエスト・84J・スバル
    (WEST 84J SUBARU - FJ1600)
    こちらは、ウエストレーシングカーズが制作したFJ(Formula Junior)1600用のフォーミュラマシン。
    全国各地のレースで、東京R&DのFJマシンと激闘を繰り広げました。

    エンジンは、元々スバル・レオーネ用の水平対向型4気筒1600ccをFJ用に仕立てたものがワンメイクで積み込まれていたようで、レオーネの生産が終了した後も、FJ用にこのエンジンはスバルが提供していたと、当時聞いたことがあります。


    マーチ822トヨタ(Formula2 - 1983年)マーチ・822・トヨタ
    (MARCH 822 TOYOTA - フォーミュラ2)
    こちらは、珍しいトヨタエンジン搭載の全日本F2選手権用のマシンです。
    レイズ・レーシング(ホイールメーカーのボルクブランドの会社)のカラーリングです。

    シャーシは、英国マーチ社の82年のF2用シャーシですが、この個体は、1982年に坂本典正選手が搭乗し、1983年には、故・小河等選手がF2デビューで搭乗したマシンと思われます。
    エンジンは、トヨタ18RG-改で、直列4気筒2,000ccでした。


    マーチ842BMW(Formula2 - 1984年)マーチ・842・BMW
    (MARCH 842 BMW - フォーミュラ2)
    こちらは、わたし世代には懐かしい「佐川急便スピードスターマーチ」、伝説の4冠王、長谷見昌弘選手のおなじみのカラーリングです。

    このマシンが活躍した1984年は、F2(Formula2)最後の年で、翌年からは欧州ではF3000に、日本ではリブレ規定JAF-F2(F3000移行に向けた暫定処置)と云うカテゴリーになりました。

    エンジンは、BMW M12/7 直列4気筒 2,000ccでしたが、ホンダRA263Eに全く歯が立たず(スリップストリームにすら入れないほどの差)、結果、F2レースの終焉を迎えることになりました。


    マーチ86Bコスワース(Formula3000 - 1987年)_01マーチ・87B・コスワース
    (MARCH 87B COTHWORTH - F3000)
    1985年、86年と、2年間のJAF-F2規定でのレースを経て、1987年には、再び国際格式に戻り、日本でもF3000レースが行われるようになりました。

    こちらのマシンも、「佐川急便スピードスターマーチ」で、長谷見昌弘選手車ですが、87年シーズン当初は、このマーチ87Bで戦いましたが、この年はローラT87/50シャーシの方が戦闘力が高かったようで、途中からはローラ製シャシーに換わりました。


    マーチ86BコスワースDFV(Formula3000 - 1987年)_02エンジンは、コスワース・DFVで、DFVは、元々はF1用のエンジンです。
    スペックは、90度 V型8気筒 DOHC 2,993ccで400馬力前後を出していたようです。

    マーチ87Bシャシーと組み合わされた場合、写真の網状のファンネルカバーのほかに、インダクションポッドを装備したものもあったようです。


    マーチ87Bホンダ(Formula3000 - 1987年)マーチ・87B・ホンダ
    (MARCH 87B HONDA - F3000)
    F2を席巻したホンダV6パワー(RE387E)搭載のF3000マシンです。
    EPSONカラーと言えば、中島悟選手ですが、87年には既にF1パイロットに昇格していましたので、F3000では、いぶし銀の走りこと、鈴木利男選手がドライブしました。

    しかし、磐石の態勢ではあるものの、日本一速い男、星野一義選手も日産の特例措置を得てフォーミュラではホンダパワーを許されていたことや、コスワースDFVの改良版、ヤマハOX77エンジンの活躍などで、1勝に留まり、シリーズランキング5位と云う結果でした(その後、鈴木選手は95年にチャンピオンを獲得)。


    ローラT90-50無限(Formula3000 - 1990年)ローラ・T90/50・無限
    (LOLA T90/50 MUGEN - F3000)
    フットワークカラーが懐かしいローラは、エンリコ・ベルッタジア(Enrico Bertaggia)選手がドライブしたマシン。
    エンジンは、無限 MF308で、90度 V型8気筒 DOHC 2,997ccで450馬力以上を発生していました。

    ベルッタジア選手は、マカオF3の1988年の勝者でしたが、全日本F3000に参戦した90年シーズンでは入賞1回のみと云う戦績でした。


    ローラT90-50無限(Formula3000 - 1991年カラー)ローラ・T90/50・無限
    (LOLA T90/50 MUGEN - F3000)
    90年代のキャビンカラーと云えば、おなじみ日本一速い男、星野一義選手のマシンです。
    このローラT90/50は、前年チャンピオンのカーナンバー1ですので、1991年シーズン初頭を闘ったマシンと思われます。
    エントラント名は、CABIN RACING TEAM With IMPULでした。

    91年シーズンは、同じくキャビンカラーでローラにDFVエンジンで闘った、片山右京選手がチャンピオンに輝いています(こちらのエントラントは、ヒーローズレーシングとなっています)。


    ラルトRT23無限(Formula3000 - 1991年)ラルト・RT23・無限
    (RALT RT23 MUGEN - F3000)
    ロン・トーラナック(Ron Tauranac)率いるラルト・エンジニアリング製のシャシーで、ラルトは、F2時代の名機"RH-6"を造ったシャシーメーカーです。この伊太利屋カラーのRT23は、1980年にラルト・ワークスをヨーロッパF2チャンピオンに導いた、ジェフ・リース(Jeoff Lees)選手がドライブしました。
    また、この1991年に全日本F3000niスポット参戦したミハエル・シューマッハ選手もラルトRT23を使用していたようです。


    タンデムフォーミュラ(Formula Nippon - 1999年)タンデム・フォーミュラ
    (The Tandem Formula - Circuit Experienced Machine)
    最後に、番外編的なフォーミュラをご紹介します。
    1999年のフォーミュラ・ニッポン最終戦に登場した、「タンデム・フォーミュラ」です。
    ソニーがバックアップして、本物のフォーミュラのシャーシを、2名乗車に改造して、実際に200km/hオーバーで走る事が出来るマシンです。
    レース開催日当日に抽選が行われ、幸運なお客さんが、プロレーシングドライバーの操縦するこのマシンの後部座席で、フォーミュラ体験が出来るという優れものです。
    最近でも、FNやF1などで、この手の体験イベントが行われていますが、日本では、このマシンが最初だったと記憶します。

    【こぼれ話】
    ここに掲載しましたのは、全て、わたしが長年撮り溜めた写真から紹介しました。

    しかし、学生時代の写真などは特に、詳細な記録も残しておらず、一見、違いが微妙で見分けのつきにくいフォーミュラカーの年式、形式の判別は、想像を絶する大変な作業でした。

    当サイト開設当初から、写真は集めてあったのですが、2年以上経って、ようやく公開できる形になりました。

    ラルトRT23については、Webで調べ物をしている時に、以前わたしが創っていた、このサイトの全身「Beautiful old Cars Nostalgia」に掲載していたときの写真と、キャプションまで一部そのまま公開しているサイトがあって、びっくりしたこともありました(ちなみに、ここに掲載しているRT23の写真そのものです)。

    まぁ、そんなこんなで羽陽曲折あって、ようやく公開できてほっとしています。

    どのマシンも、ほんとに熱い時代を伝える文化遺産です。今でもどこかできっと、大切に保存されていることと思います。

    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/126-38ca4773

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.