ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    フォード・フェアレーン500(Ford Fairlane 500 - 米国車 - 1957年式)

    2013/03/10 12:15|輸入車-フォードTB:0CM:0
    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_02FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_01
    フォード・フェアレーン500
    (Ford Fairlane 500 - 米国車 - 1957年式)


    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_03
    古き良き次代、50'sアメリカンの一台をご紹介します。
    1957年式、フォード・フェアレーン500。
    ボンネットのオーナメント、大型のクロムめっきバンパーとオーバーライダー、ボディサイドの曲線モール、そしてテールフィンとホワイトリボンタイヤ。1950年代アメリカ車の定番がすべて詰まった一台です。


    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_04
    フェアレーンは、1955年に初代がデビューしました。その後1957年に2代目が登場し、この個体、フェアレーン500クラブヴィクトリアは、フェアレーンシリーズの最高級グレードでした。
    翌1958年には、フェアレーン500スカイライナー(Skyliner)と云う、ヘッドライトが4灯のタイプにマイナーチェンジされています。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_05
    フェアレーンのシリーズ構成は、フェアレーン(初代:1955-1956)、フェアレーン500(2代目:1957)、フェアレーン・スカイライナー(2代目マイナーチェンジ:1958-1959)となっており、フェアレーン500の中でも、直列6気筒(3,700cc)エンジンのシリーズとV型8気筒(4,500~5,800cc)エンジンのシリーズがありました。グレードは、4ドアは「Town Sedan」、「Town Victoria」と呼ばれ、2ドアは「Town Victoria」、「Club Victoria」、2ドアコンバーチブルトップのタイプが「Sunliner Convertible」と呼ばれていました。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_06
    この顔つきだけで、1950年代フルサイズアメリカンの雰囲気満点です。
    ヘッドライト周りの複雑な造形が美しい。
    当時、同じ顔つきでフォード・ワゴン(Ford Wagon)と云うステーションワゴンもありました。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_07
    1950年代アメリカンの代名詞、丸いテールランプとテールフィン。
    さらに分厚いクロムめっきバンパーで最高の雰囲気を醸し出しています。
    磨き上げられたこれらのパーツは、宝石のように輝いていました。
    (丁度この記事を書いているときに流れたBGMが、1958年のチャック・ベリーの名曲「Johnny B. Goode」でした。)

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_08
    こちらは、リヤホイールを覆うスパッツで、今や大変貴重なパーツだそうです。
    あまりにも綺麗に磨き上げられたボディは、周囲の人や景色がはっきりと映りこんでしまいます。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_09
    こちらのパーツは、サイドミラー。なんと芸術的なデザインでしょう。
    よく観ると、このサイドミラーは、大変大きなフロントフェンダー上に装着されておりましたので、このフェアレーン500は、「フェンダーミラー」装着車と云うことになります。
    アメリカ車は、ずっとドアミラーが標準と思っていました。形は日本のフェンダーミラーのようににょきっと長い足が生えていないので、違和感がありませんでした。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_10
    「Ford Thunderbird」の文字が輝く、フェアレーン500の水冷式V型8気筒OHV "Thunderbird"312cubic inch(5,100cc)エンジン。
    グロス値で245HPの高出力仕様でした。
    さらに、米国のハイウェイパトロール仕様には、このエンジンにスーパーチャージャーを搭載した"Thunderbird Special"300HP仕様も存在したようです。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_11
    こちらは、フォード製のパーツでは無く、本来、自動車の部品でもありません。
    オーナー様が、鉄道もお好きで、ご自身で搭載されたと云う日本の電気機関車の警笛です。
    真鍮製ですし、国鉄時代のものでしょうか。貨物列車が「ヒョーッ!」と鳴らすあの警笛です。
    これ自体、結構大きな部品ですが、1950年代フルサイズアメリカンのエンジンルームは搭載場所に困らない位に大きいのが特徴でした。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_12
    オールディーズを聴きながら、ゆったりと流したくなる運転席です。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_13
    室内も50'sアメリカン満載です。
    ジュークボックスのように華やかなインストゥルメントパネル、そしてめっきのホーンリングが着いた白いステアリング。
    トランスミッションは、この個体はATでしたが、種類としては3速と2速ATがあったようです。
    さらに3速マニュアルもあったようですが、こちらはポリス・スペシャルだったのかもしれません。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_14
    シートは、2色の生地でソファのようにフカフカそうでした。
    リヤシートの間にも、めっきのオーナメントが埋め込まれていました。これは最近の高級車では見られない豪華装備です。
    天井の造形と内張りの雰囲気もいい感じでした。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_15
    【こぼれ話】
    この個体は、中兵庫クラシックカーフェスティバル2012の会場で、オーナー様にお声を掛けさせて頂き、取材させていただきました。ありがとうございます。

    50年代アメリカン、初めてじっくりと見せていただきました。
    フォード・フェアレーンと云う名前は、1980年代の超マイナーなオーストラリア・フォード製セダンで知ったのですが、元々はアメリカの代表的なクーペだと云うのがよく解りました。

    FordFairlane500(米国車 - 1957年式)_16
    この時代のアメリカンフルサイズは、そのデザインの一つ一つが、現在でも雑貨などのデザインモチーフになっているように、豪華で美しく、時代の雰囲気を醸し出す魅力を持っています。
    このフェアレーンの室内に乗り込んだだけで、頭の中は1950年代のアメリカへタイムスリップ出来そうです。
    たとえデザインのためのデザインであっても、ここまで究極の輝きを放つと、機能的な事はどうでもよくなってしまいます。

    この時代、このサイズだからこそ出来る贅沢な一台でした。
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/134-f8fe06dd

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。