ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ダブリアン・マーク5(英国車 - 1971年式)

    2013/04/07 21:25|輸入車 その他TB:0CM:2
    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_01ダブリアン・MK5
    (DAVRIAN Mk-V - 英国車 - 1971年)

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_02
    大変珍しいスポーツカーをご紹介します。
    1971年式、英国製のダブリアン・MK-Vと云うリアエンジンのスポーツカーです。
    驚異的に低いボディワークはFRP製で、リア部分に45度に傾けて縦置きに搭載されていると云う、構造的にも大変ユニークな一台です。





    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_03
    このダブリアンが、先ず一目を引くのは、この驚異的に低い車高です。計っては居ませんが、恐らく100~120cmの間です。
    一瞬チョップトップのカスタムカーかと見間違えるほどの屋根の低さでした。

    オーナーさん曰く、170cm以上の身長だと、乗り込むと降りるときに大変だそうです。
    確か、スーパーカーブーム時代のランボルギーニ・カウンタックが117cm、ロータス・ヨーロッパが114cmと云われていましたが、まさにそのぐらいの低さでした。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_04
    そして、ダブリアンの特徴は、低い外見だけでなく、メカニズムにも及びます。
    まず、オールファイバー製ボディに搭載されるエンジンは、リヤアクスル後方にマウントされる、いわゆるRR駆動です。
    それゆえに、後姿もリヤカウル部分に左右非対称のアウトレットが設けられていたり、リヤガーニッシュにアウトレットが設けられて居たりします。

    エンジンフードとしては、他のミドシップスポーツのように、上部ハッチが開きますが、リヤフェンダーにまで回り込むカウリングも脱着出来るようになっていました。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_05
    フロントフードの左右には、給油口があり、フロントアクスル後方のフェンダー内側に、それぞれ燃料タンクが装備されていると言う事です。
    左右に燃料タンクが別れているのは、ジャガーをはじめ、英国車によくみられるレイアウトです。

    ちなみに、ダブリアンの場合は、左右均等に燃料を使うように工夫されているそうです。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_06
    リアアクスル後方にマウントされるエンジンは、ヒルマン・インプ用の875ccで、40BHP程の出力だそうです。
    しかし、車重が600kg台と云う軽さの為、かなり機敏に走ることが出来るそうで、当時は、特にヒルクライム競技を中心に、サーキットなどでも活躍したそうです。
    他に、同じインプ用の998ccエンジンのタイプもあるそうです。

    そして、なんと云っても、エンジンのレイアウトが右に45度傾斜して搭載されていることが特徴です。
    恐らく低重心化を狙っての事だと思いますが、シリンダーブロック側面のスパークプラグが、真上を向く程の強い傾斜で搭載されていました。
    この縦置きマウントエンジンに、トランスミッションが繋がっており、運転席の方へと伸びています。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_07
    FRP製のとても軽いドアは、外側にはヒンジが無く、ドアの厚み部分にある穴の中を押すと開く仕組みになっています。
    FRP製ですが、厚みは十分にあり、開閉も比較的しっかりしておりました。

    内張りが、アルミニウムの鉄板に簡単なドアノブと取っ手のみと云うところが、レーシングスポーツの血統である証です。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_08
    こちらが、ドアを開けるための穴。
    この奥を押すことで、ドアが半開きになります。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_09
    完全にレーシングスポーツの雰囲気漂うコックピット。
    驚異的に低い車高ながら、サイドシルよりも、さらに深い位置にシートのヒップポイントがあることが判ります。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_10
    インストゥルメントパネルは、簡易的なボードに、計器類が埋め込まれている、ハンドメイドのレーシングカーのタイプです。
    それでも、木目をあしらってあるところが、さすが英国製です。
    アルミ製のセンターコンソールに8つ程ズラリと並ぶのは、管ヒューズでした。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_11
    ダブリアンMk5のセンターコンソール部分。
    トグルスイッチは、ヒーター、ワイパー、ヘッドランプ、ホーン、エンジン用のクーリングファンと、管ヒューズの皆さん。

    真ん中にアナログ式のストップウォッチが搭載されているのが、いい味出しています。

    アナログメーターは、左から時計、油温計、油圧計、水温計となっていました。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_12
    ステアリングコラムには、方向指示器のスイッチのみ搭載され、メインのメーターは、速度計と回転計、そして電流計と、ワーニングランプ類でした。
    他に、燃料ポンプのトグルスイッチも着いていました。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_13
    居住空間の後ろは、ファイバー製のボードで覆ってあります。
    そこには、ロールバーと、真ん中には、消火器が搭載されていました。

    ここまで観た限り、どちらかと云うと、ナンバーが付くレーシングマシンと云う雰囲気でした。

    ダブリアン・MK5(英国車 - 1971年)_14
    【こぼれ話】
    このダブリアン・Mk5は、チーム・ヤマモト・クラシックカーフェスティバル2013の会場で、オーナー様お声を掛けさせて頂き、取材させていただきました。ありがとうございます。

    幾ら、子供の頃からクルマの名前を沢山知っていても、まだまだ世界には名も知らないクルマが沢山あります。
    ダブリアンと云う名前も、この日初めて知りました。
    特に英国は、バックヤードビルダー系の少量生産メーカーが、数多く存在した時代がありましたので、まだまだ知らないメーカーは沢山ありそうです。

    ダブリアンの場合は、ヒルマン・インプのパーツを中心に、フロントガラスなども、他車からの流用を上手く組み合わせて造られているそうです。
    生産台数は、250台程と言いますから無理も無い話です。
    (有名どころのランボでも、ディアブロGTのヘッドライトが日産300ZXのパーツ流用だったりしましたし。)

    それにしても、カスタムカーショウにも通用しそうなこの低い屋根のインパクトは強烈でした。
    排気量も875ccと998ccと云う、リッターカーに満たない大きさで、これだけ面白そうなスポーツカーが造れると云うのは、クルマが巨大化し続ける21世紀でも見習うべきところが多いと思います。

    小さなエンジンをいっぱいまで引っ張って、軽い車体を自在に振り回して走る面白さ、是非現代版があってもいい気がします。

    998ccなら、ホンダCBRにも同じ排気量がありますし。
    とりあえず、この現代版は、童夢のプロジェクト「ISAKU」に期待しましょう。

    と、夢が膨らむ魅力的な英国ライトウエイトスポーツの一台でした。
    コメント
    先日は色々お話させていただき楽しかったです♪ うちのdavrian君の紹介をしていただきありがとうございます。 実物より素敵なクルマに思われそうで恥ずかしいです(笑) あれからも元気に走り回っていますがそろそろ暑くなってきましたので夏眠の準備をしなければ(汗) 又どこかでお会いできますように!
    白ピーヌ #gfxZCaLQ|2013/06/01(土) 21:21 [ 編集 ]
    白ピーヌ様

    4月のイベントでは、大変お世話になりました。
    Nostalgia-Cars Webサイト制作者のNostalgia1970と申します。
    Davrian君、早速掲載させていただいております。実物、ホントに迫力ある素敵なクルマでした。
    ありがとうございます。

    あれからも調子良く走っておられるようで、なによりです。
    これから夏眠ですか。6月に入り、梅雨に猛暑に旧車にはキツい季節ですもんね。

    秋には春日のイベントもありますし、夏眠から覚めましたら、またDavrian君の元気なオーラを見せてくださいませ。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    Nostalgia-Cars Webサイト管理者 Nostalgia1970
    Nostalgia1970 #-|2013/06/03(月) 00:00 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/137-6a4a85b3

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。