ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)

    2013/05/13 23:20|日本車-日産TB:0CM:0
    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_01
    日産・スカイライン・ワゴン・GL
    (NISSAN SKYLINE WAGON GL - WPC110型 - 1973年)
    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_02
    1973年型スカイラインと言えば、「ケンとメリーのスカイライン」ことケンメリ。
    最上級は、勿論2ドアクーペのGT-Rまでがありましたが、この時代のスカイラインには、スタイリッシュなワゴンボディも存在していました。
    型式名は、ご存知「PC110」にWが着いた「WPC110」型。標準的なGLと云うグレードの個体をご紹介します。


    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_03
    フロントマスクは、精悍なスカイラインの標準的なグリルが与えられています。
    グレードはGLなので、GT系とは違う、いわゆる「ヨンメリ」と同じタイプのものでした。

    このサイトでもご紹介している通り、日産スカイラインは、ハコスカの時代からワゴンやバングレードが存在し、7代目までワゴン型がありました。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_04
    そして、さすがは天下のスカイラインらしく、ワゴンボディの後姿もとてもスタイリッシュにデザインされています。米国のステーションワゴン風に木目パネルが貼られ、リヤウインドウ周りには独自のモール類も装備されて、正に手抜きなしのスタイリングです。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_05
    こちらも、スカイラインに手抜き無し!
    ワゴンボディにもサーフラインがしっかりと入っています。21世紀の目で見てもかなりおしゃれなワゴンです。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_06
    ボンネットを開けると、「青いフライパン」こと、日産独特のエアクリーナーボックスが目に留まりました。
    このワゴンには直列6気筒ではなく、4気筒エンジンが納まっているので、エンジン自体がとてもコンパクトに見えます。

    この個体は、ボンネットの裏側までピッカピカでした。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_07
    エンジンは、プリンス自動車時代から継承されてきた「G型」のG18型エンジンでした。
    水冷式直列4気筒OHC 1815ccで、105ps/5,600rpmの出力と、15.0kgfm/3,600rpmのトルクを発するエンジンでした。
    その後、1975年以降は、ご存知日産製のL型になったそうです。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_08
    室内は、1970年代の雰囲気満点の黒内装に木目をあしらったものでした。
    ウォールナット柄ではなく、どちらかと云うと「家具調」に近い木目柄が当時の特徴でした。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_09
    ステアリングは部分的に木目を使っている凝った3本スポークのものが標準でした。
    当時の営業グレードなどは、2本スポークが多く、3本=高級感と云う時代でした。
    3眼のメーターは、左から回転計、速度計、コンビネーション計と、高級グレードの装備です。これも、この時代の商用グレードなどは、回転計の代わりにアナログ時計と云うのが主流でした。

    センターコンソールも奢られ、4トラックの当時物カセットデッキも現役でした(但し、21世紀のMP3プレイヤーなどを繋げられるハイテクカセットが挿入されていました)。
    このハイテクカセットは、たとえゴム製のローラー類が使えなくなったステレオでも、ヘッドが生きていれば使えるもので、当時の機器をとても上手にお使いになっておられました。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_10
    こちらは、天井部に取り付けられている純正のアナログ時計です。
    当時の国営放送の「7時の時報」の時計に似た、丸みを帯びたデザインが1970年代の雰囲気満点でした。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_11
    こちらは社外品ですが、「1Mile」と云う1980年頃のレーダー探知機です。
    これ以前には、まだ日本でレーダー探知機はそれほど普及していなかったように思うので、恐らくまだハシリの機械だったのかもしれません。

    これは、うちの親父もKP61スターレットに着けていました。
    この時代は、仕掛ける方も見つける方も、今のようにGPSだのループコイルだのとハイテクは使っていませんでしたから、お店の自動ドアや、違法無線の電波や、工業機器の電波やらを、結構なんでも拾って反応するのですが、それでも当時の若者には安心の装備だったようです。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_12
    さて、こちらはスカイライン・ワゴンのテールゲートの付け根です。
    なんと、ダンパー式ではありません。恐らくスプリング式と思われます。
    油圧ダンパー式だと、40年も経てば必ず交換が必要になってきますが、この機械式のお陰で、交換部品に困ることも無く生きながらえる事が出来ているようです。

    ちなみに、オーナーさん曰く、このテールゲートは、21世紀の自動車のように安全な高さまで思いっきり開くのではなく、中途半端な、多分大体の普通の大人が、角で頭をぶつける高さまでしか開かないので、頭上要注意と云うことでした。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_13
    そして、テールゲートを開けての見所はここ。
    スタイリングの為に、敢えて窓が設けられていない大きなクォーターピラーパネルの内側には、左右で4つのスピーカーが埋め込まれていました。クラリオン製の純正品だそうです。
    そして、「WAGON」のバッジも着いていて、ほんとうに手抜きを知らない、ニッポンのスタイリッシュワゴンでした。

    日産・スカイライン・ワゴン(WPC110型 - 1973年)_14
    【こぼれ話】
    この日産スカイライン・ワゴンGLは、チーム・ヤマモト・クラシックカーフェスティバル2013の会場で、オーナー様お声を掛けさせて頂き、取材させていただきました。ありがとうございます。

    このケンメリ?ヨンメリ?ワゴン、子供の頃から好きでした。
    なんと云っても後ろまでカッコいい。
    当時は、特にワゴンボディ=バン=営業車のイメージが強かったので、このスカイラインとマークツーのワゴンだけは、別格でした。

    当時でも、あまり一般の営業車として使っているのを見たことが無く、やはり若者のおしゃれなステーションワゴンだったようです。
    サーファーに人気だったとも聞きました。

    そして、今回内装の豪華さを見て納得。
    特に後ろの4スピーカーシステムは、感動モノでした。

    天気のいい日に、BUZZの「ケンとメリー~愛と風のように~」をBGMに、北海道の例の場所までクルージングしてみたくなる一台でした。
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/139-0739d507

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。