ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ランチア・フラミニア・クーペ(Lancia Flaminia Coupé Pininfarina - イタリア車 - 1966年式)

    2014/06/08 11:55|輸入車-ランチアTB:0CM:0
    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_01ランチア・フラミニア・クーペ・ピニンファリーナ
    (Lancia Flaminia Coupé Pininfarina - イタリア車 - 1966年式)


    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_02
    1960年代イタリアの、大変美しいサルーンをご紹介します。
    1966年型ランチア・フラミニア・クーペ・ピニンファリーナ(Lancia Flaminia Coupé Pininfarina)は、その名の通り、ピニンファリーナのデザインによる優雅なボディを纏った高級スポーツサルーンです。
    特に日本国内では、個体数が大変少ない希少な一台です。


    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_03
    ランチア・フラミニア・クーペの顔つきは、1960年代ピニンファリーナデザイン特有のものですが、中でもフラミニアは高級サルーンらしく、ボディ全体にボリューム感があり、GTスポーツ系のそれとは別の気品が漂います。

    そのサイズは、全長が4,686mm、全幅が1,740mm、車高が1,420mmとなっています。



    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_04
    最初に、クラシックカーイベント会場でこの個体のテールエンドが走り去る姿を見かけたときには、一瞬、英国製高級サルーンかと見間違えました。
    実写を観ると、じつに圧倒的な存在感を放っており、思わず会場内にその姿を探し回ったのでした。



    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_05
    近づいてみると、英国製のそれとは違う、やはりイタリア製、やはりランチア!と思わせたのが、この個性的なルーフラインから伸びたフィンでした。
    サイドウインドウからテールエンドまで伸びるこのクロムめっきのラインは、このフラミニア・クーペの美しさを最も引き立てている特長のひとつです。



    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_06
    逆アリゲータ式のボンネットフードを開けると、さすがは高級サルーン。消音効果を狙ったと思われる、しっかりとした内張りが奢られていました。
    キルティングのような縫い目は、ボンネットの内張りにしては珍しい気がしました。



    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_07
    パワーユニットは、水冷式V型6気筒SOHCで、2,458cc、127BHPのエンジンを搭載しています。
    シリーズには他に、2,800ccモデルも存在したようです。
    ギアボックスは、マニュアル式4段で、後輪に動力を伝えます。
    スポーツサルーンゆえに、ブレーキシステムは4輪にディスクブレーキが奢られています。



    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_08
    1960年代頃の車両で時折見かけるアイテムですが、ランチア・フラミニア・クーペのラジエーター液リザーブタンクは、ガラス製の瓶でした。
    この、「エンジンルームにガラス製品」と云うのが、いつも、つい注目してしまいます。
    エンジンと云う機械製品と、ガラス瓶と云う台所的な生活感の組み合わせが生み出すミスマッチが面白くもあり、歴史あるヨーロッパ車の個性のひとつのようにも思います。
    台所でピクルスが漬けてあってもおかしくない瓶にエンジンの冷却水と云うのが、なんとも面白く感じてしまうのです。


    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_09
    1960年代ヨーロッパ車の運転席は、ほんとに美しい。
    このランチア・フラミニア・クーペーの運転席も、大変シンプルながら、見事な気品を醸し出していました。
    ちなみに、ステアリングシャフトの左下に伸びる、やや大きめのレバーは、サイドブレーキレバーだそうで、他には類を見ない珍しい生え方、形状をしておりました。
    このあたりは、さすが個性派のランチアといったところでしょうか。


    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_10
    室内は、ほんとにシンプルです。
    それでも決して陳腐感を感じさせず、むしろ優雅に思わせるのは、琥珀色の本皮シートだけが理由ではないと思います。
    ぎっしり詰まっていなくても、ごてごて着いていなくても、高級感は出せるのだと云う見本のように思います。
    さすがは、ピニンファリーナデザインの妙です。


    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_11
    シートのデザインも前後共にヘッドレストが無い、大変シンプルなものでした。
    それでもラウンジのソファーのようなフカフカ感と、落ち着きのある室内空間を演出することに成功しているひとつの理由として、深みのある生地の色合いと、ドア内張りの黒の使い方があるように思いました。


    ランチア・フラミニア・クーペ(イタリア車 - 1966年式)_12
    【こぼれ話】
    この個体は、チームヤマモト・クラシックカーフェスティバル2014の会場で、オーナー様に声を掛けさせて頂き、取材させていただきました。
    ありがとうございます。

    わたしは最初、この型のフラミニアを知らなかったので、ピニンファリーナのスペシャルモデルか何かかと思っていました。
    会場に入ってきたときは、そのスケール感とクルマが放つオーラに、ロールスロイス・コーニッシュあたりと勘違いをしてしまったのですが、それほど優雅な雰囲気を漂わせたGTサルーンでした。
    それは、この固体が博物館から抜け出してきたかのようなコンクールコンディションだったこともあると思います。

    昨今、コンピュータの普及で、デザインの自由度が上がったかのように見えますが、この定規とペンの時代のデザインが放つオーラのようなものを創り出すと云う意味では、果たして本当に進歩しているのだろうか?むしろ後退してしまったり、置き忘れてきたものがあるのではないか?と、思うことがしばしあります。

    スピードと効率化では、決して生み出すことが出来ない、幅とか厚みと云ったものが、この1966年型ランチア・フラミニア・クーペには、沢山あるように思います。
    たとえば、シンプルなのにとても高級感が漂う室内であったり、美しいテールフィンであったりと云うところ。
    創り手が美しいものを、優雅なものを創りたいと云う思いが、細部にまで行き渡った結果、生み出されたものがあるようにおもいました。

    一見地味な車種かもしれませんが、細部にまで手抜きなしの創り手の感性が込められていて、強いメッセージを伝えてくれる優雅で個性的な一台でした。
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/156-6e7cd300

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。