ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    フィアット・X1/9(イタリア車 - 128AS型 - 1980年式)

    2014/12/20 14:07|輸入車-フィアットTB:0CM:0
    FiatX1-9(type 128AS - 1978)_01FiatX1-9(type 128AS - 1978)_02FiatX1-9(type 128AS - 1978)_03
    フィアット・X1/9
    (Fiat X1/9 - イタリア車 - 128AS型 - 1980年)


    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_04

    1970年代のとてもコンパクトなミドシップスーパーカーをご紹介します。
    フィアットX1/9は、1972年に発表された、コンパクトカー、フィアット128をベースに、イタリアのデザイン工房、ベルトーネの手による直線的なデザインと、タルガトップをまとった、2シーターミドシップクーペでした。

    ここでは、極上の逸品に仕立てられた、1980年型のフィアットX1/9をご紹介します。


    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_05
    2シーター、ミドシップレイアウト、リトラクタブルヘッドライトと云う、1970年代のスーパーカーの代名詞をすべて兼ね備えたフィアット・X1/9は、じつはとてもコンパクトなクルマで、全長は、3,969mm。車幅は、1,570mm。車高は、なんと1,180mmしかありません。
    そしてエンジンは1,290ccのSOHCで、75psでした。後に1,500cc版(1,498cc 85ps)に拡大されますが、それにしてもとても小さなスーパーカーでした。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_06
    X1/9には、大きく2つの時期があり、1972年の発表から1982年までは、「フィアット(FIAT)」ブランドで、1982年から1989年の生産終了までは、「ベルトーネ(beltone)」ブランドで発売されています。

    ここでご紹介している1980年型は、米国の衝突安全基準をクリアする為の衝撃吸収バンパー(通称:1マイルバンパー)が装備されています。
    ちなみに、このバンパーはコンパクトで軽量なボディの先端に大きな構造物を取り付けなければならない為の重量バランスに配慮して、アルミで造られていました。
    オリジナルのバンパー色は、アルミの銀色だったそうです。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_07
    直線的なデザインが強調された後姿。
    ここにも前部と同様の1マイルバンパーが装着されています。オーバーライダーまで着いているのが特徴です。
    X1/9の周りを取り囲む人たちの腰のあたりまでしか車高がありません。
    スーパーカーの王様、ランボルギーニ・カウンタックと比べても1cmほどしか変わらない、驚異的に低い車高でした。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_08
    フィアットX1/9は、コンパクトなミドシップ・スーパーカーの先駆者となりました。
    小型セダンのフィアット128をベースにしている為、イタリアの有名なスーパーカーたちのように高嶺の(高値ともいえますが)華ではなく、庶民にも手が届きそうな価格で手に入れられるスーパーカーでした。

    このパッケージ手法は、後に日本初の量産型ミドシップモデルとなったトヨタ・MR2(AW11型)が、大衆車カローラをベースにしていることなど、後の各国のモデルに多大な影響を与えたと云われています。

    1970年代後半のスーパーカーブーム時代に、誰もが憧れた「リトラクタブルヘッドライト」ですが、閉じたところと開いたところを比較してみました。
    当時のスーパーカーらしい顔つきですが、このヘッドライトを装備するスーパーカーたちは、開けるととても愛嬌のある顔つきに変貌します。


    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_09
    フィアット・X1/9の最もベルトーネデザインらしいのがこの部分だとわたしは思います。

    四角いドアノブは、このタイプのノブにしては珍しく、前から手を入れて開くようになっています。
    クォーターピラーのガーニッシュには、「bertone」のエンブレムとロゴが入ります。
    1982年からは、まんまこの形で「ベルトーネ・X1/9」と云う名前で販売されました。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_10
    庶民派のスーパーカーと云えども手抜き無し!
    フィアット・X1/9のホイールは、クロモドラ製のマグネシウムホイールが奢られていました。
    スポーツカーの哲学「軽量・スリム・コンパクト」のうち、軽量化に妥協することなく拘ったひとつと思われます。
    ここまでやったのですから、1マイルバンパーにアルミを使った想いも察して知るべしです。
    あるいは21世紀なら、きっと炭素繊維のバンパーを使ったでしょう。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_11
    さて、フィアットX1/9は、ミドシップですので、ボンネットの下は荷室になっています。
    1,180mmの車高の割りに、深さがあり、灯油缶が縦に置ける程だそうです。
    X1/9は、脱着式のタルガトップを備えていますので、外した屋根は、このようにボンネット下に綺麗に収まります。

    この個体は、オリジナルには無い、ボンネット裏の防錆処理がしっかりと施されていて、ブラックアウトされていましたので、フェラーリ308GTSのような高級感が漂っておりました。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_12
    1970年代のスーパーカーブーム当時、どうなっているんだろうと興味深心だったエンジンフードとトランクフードを開いた時の中身を見せていただきました。

    この一枚だけ見ると、AW11型MR2と一瞬見分けがつかないぐらいですが、X1/9のとてもコンパクトなエンジンのお陰でトランクルームもそれなりに物が積めるスペースが確保されていました。
    当時の雑誌で謳われた「ゴルフバッグ」が1個は入りそうなスペースがあります。
    我が敬愛する三本和彦氏の俗称「ぶしつけ棒」を使って測ってみたいものです。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_13
    コンパクトなX1/9の背中に収まっているはずの1.3リッターエンジンは、とても小さく見えました。
    水冷式直列4気筒、シングルキャブレター式のSOHCエンジンは、低い車体にさらに低く搭載されています。
    車体と同じ「128AS型」と云うエンジンだそうです。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_14
    こちらは、エンジンフード横にあるガソリン給油口のキャップ。セルフスタンドで入れるなら少し入れにくそうな位置にあります。
    ここら辺は、MR2はちゃんとクォーターパネルに給油口がありましたが、イタリアのカロッツェリアは、きっとデザイン性を優先して、パネル面に蓋を着けるのを嫌ったのだろうと推測します。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_15
    こちらもイタリアンデザインの妙。
    フロントガラスの下からニョキッと生えていたのは、車体番号プレートでした。
    なんともお洒落なプレートです。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_16
    室内は、低い車高ゆえにタルガトップの上から一望出来ました。
    室内も直線基調でまとめられており、決して安っぽくないシンプルさとスポーツカーらしさ、そしてイタリアンブランド品らしいお洒落な雰囲気を融合させています。
    この個体は、なんといわゆる未再生原型車だそうで、レザーシートの質感ばかりか手触りまでも当時のままが残っている大変貴重な個体でした。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_17
    センターコンソールの2眼メーターは、オリジナルにしか見えないのですが、じつは後付けだそうで、純正と同じメーカーのヴェグリア(VEGLIA)製の油温、油圧計が備わっています。
    ヒーターコントロールが1970年代車のいい雰囲気を出していました。
    それにしても間近で見ても非の打ち所が無い極上コンディションでした。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_18
    こちらは、ドア内装です。
    色のセンスがブランドバッグかと思うぐらいに絶妙で、ここだけ見ると、これが小型スーパーカーの内装だとは思えないぐらいの質感でした。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_19
    さて、フィアットX1/9のユニークな造りをいくつかご紹介します。
    まずは、バルクヘッドに取り付けられたバッテリーですが、ちゃんとカバーに覆われていました。
    これは純正なのですが、じつは現存する個体で、このバッテリーカバーがこれ程綺麗に残っていることは稀だと云うことです。
    搭載位置がバルクヘッド前なのも、重量物を出来るだけ前後の中心位置に寄せたかったのでしょう。
    フィアットの本気の造りが感じられます。



    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_20
    こちらは、ボンネット下にあるカバーです。リトラクタブルヘッドライトの後ろに綺麗な蓋が着いていました。
    はずして見せてもらったところ、メンテナンス用のカバーだったようです。

    当時のフィアットが、ほんとに廉価版スーパーカーを目指したなら、多分このような蓋は着けなかったでしょう。
    ここにも、本物のスポーツカーを目指したことが判る部分でした。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_21
    こちらもボンネットを開けたところですが、ふと気が付いて驚きました。
    フィアットX1/9のフロントフェンダーは、ねじ止めでは無かったのです。
    フェンダーの折り返し部にどこにもボルトがありません。この外装フェンダーと各パネルは、どうやら溶接で繋がっているようです。
    小さくスリムなボディに剛性を与えるための工夫かもしれませんが、ロータスやTVRなどの少量生産スポーツカーメーカーならまだしも、イタリアではトヨタのような大メーカーのフィアットが、ここまでやってしまうことにはほんとにびっくりしてしまいます。さすがは、イタリアです。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_22
    さて、これは何を示しているところかと云いますと、X1/9のボンネットの前、つまり左右のリトラクタブルヘッドライトの間にヘキサゴン(六角レンチ)を突っ込んでいるところです。
    この低いノーズにラジエータが大きく傾斜して取り付けられており、両側のリトラクタブルヘッドライトの間のパネルは開きませんので、このスペースに手を入れて、ラジエータのエア抜きをするのだそうです。
    これを見て、そういえばSA22C型初代RX-7や、ポルシェ924はどうなっているんだろうと少し興味が沸きました。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_23
    ユニークシリーズの最後は、この時代の国産車にもありましたが、イタリアらしい、助手席のレディのために用意されたと尾思われる、日よけに装着された鏡です。
    確かトヨタは「バニティミラー」と云う名前で、女性向け仕様のターセルやコルサに着けていたと思います。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_24
    こちらは、左がフィアットオリジナルの製造プレートで、右は今や大変貴重な、当時のフィアットX1/9の正規輸入元「東邦モータース」のモデルプレートです。
    「世界の名車に心をそえて」のフレーズがいい感じです。

    FiatX1-9(type 128AS - 1980)_25
    【こぼれ話】
    この個体は、中兵庫クラシックカーフェスティバル2014の会場で、オーナー様にお声を掛けさせていただき、取材させていただきました。ありがとうございます。

    とあるご縁で、超極上のこのフィアットX1/9のオーナーに成られたそうで、現在、日本で行われているミレミリアなどの走る名車イベントなどにも参加されているそうです。

    この個体が超極上な理由は、前オーナーが、パネルの裏側や継ぎ目などにオリジナルには無い防錆処理をしっかりと施し、無駄に紫外線に当てる事無くオリジナルの塗装や内装をコンクールコンディションのまま未再生で保存されていたと云う事にあり、随所にオーナーのこだわりがちりばめられているからです。

    そのクルマを受け継ぎ、各界のクルマ好きな著名人も集まるイベントにこのコンディションを保ったまま参加されているそうで、頭が下がる思いです。
    ヨーロッパの多くのクラシックカーがそうであるように、「走らせてなんぼ」の精神を保ちつつ、極上コンディションであり続けることが如何に大変なことかが、わたしなりに解るからです。

    わたしにとって、フィアットX1/9は、子供の頃のスーパーカーブームの中で、「大人になったら、ひょっとしたら持てるかもしれない。」、「カウンタックは無理でも、X1/9ならあるいは。」と思わせたスーパーカーでした。
    リトラクタブルライト、2シーター、ミドシップ、低い車体、イタリア車、どれもが憧れでした。

    実際大人になったとき、既にX1/9は違う意味での高嶺の華で、やはり大人になっても手の届かないところにあるクルマでした。
    それでも独身時代のわたしが精一杯がんばって買ったのは、「リトラクタブルライト、2シーター、フロントミドシップ、まぁまぁ低い車体、日本車」の2代目RX-7アンフィニ(FC3S)でした。

    しかし、今回X1/9を間近で見せて頂いて、この車種へのイメージが変わりました。
    見るまでは正直「廉価スーパーカー」と思い込んでいたのですが、随所の造りが文字通り「本気」で、よくぞフィアットのような大メーカーが創ったものだと感心する造りをしていました。
    もしかしたら、ロータス・エランのようなライトウェイトスポーツを目指して居たのかな?と感じました。

    子供の頃からずっと間近で見たかったX1/9。
    その素晴らしさを改めて実感できた取材となりました。感謝。

    --------------------------------------------
    2014年12月20日追記
    このFiat X1/9のオーナーさまから、11月に行われました格調高いクラシックカーイベント「ヴェトロモンターニャ 2014」にエントリーされたときの画像をお送りいただきましたので掲載させていただきます。重ね重ねありがとうございます。
    ヴェトロモンターニャ 2014_05
    このイベントはイタリアの伝説のイベント「ミッレミリア」の日本版のひとつだそうで、参加車両も本場のイベントにゆかりのある車種に限定されているそうです。大変貴重な名車がずらりと並んでいます。
    ヴェトロモンターニャ 2014_04
    威風堂々。ゼッケンを付けたFIAT X1/9。
    ヴェトロモンターニャ 2014_02
    このイベントは、いわゆる「走るイベント」で、秋の紅葉がとても美しい高野山(奈良県)の山中をパレード走行します。
    FIAT X1/9は、真紅のディーノの後ろを走られたそうです。
    ヴェトロモンターニャ 2014_03
    独逸製シルバーアローたちとの1カット。普段はまず見かけることが無い車種ばかりです。
    ヴェトロモンターニャ 2014_01
    イタリアンスーパーカーたち共に佇むFIAT X1/9。
    カロッツェリア・ベルトーネのラインが強調された改心の一枚で〆たいと思います。
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/167-befc1b78

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.