ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    三菱・ギャラン・ラムダ・2000GSRターボ(Mitsubishi Galant - A164A型 - 1981年)

    2014/12/24 20:21|日本車-三菱TB:0CM:0
    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_01
    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_02三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ
    (MITSUBISHI GALANT Λ 2000 GSR TURBO - A164A型 - 1981年)


    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_03
    1980年代前半の日本車は、スペシャリティーカーと云う、ちょっと贅沢でスタイリッシュなツードアハードトップが流行しました。
    三菱は、1976年からギャランシリーズに、Λ(ラムダ)と云うスペシャリティカーを発表しましたが、その2作目は、1980年に登場し、上級GTカーには燃料加給機「ターボチャージャー」が搭載されていました。
    ここでは、そのギャランラムダの上級モデル、2000GSRターボをご紹介します。
    しかもこの個体は、なんと!ラリー仕様でした。


    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_04
    1980年にモデルチェンジした、三菱のフラッグシップカー、ラムダは前作のコンセプトを継承しつつ、主にエンジンを一新。
    発表後すぐに、ターボモデルが追加されています。
    それまでのセパレートフロントグリルと角目4灯のデザインから、シンプルなグリルとコンビネーション式の角目2灯の顔つきに変更されました。
    また、当時流行りとなった、ボディと同色の樹脂バンパーも特徴でした。
    全体のシルエットは、初代のイメージを継承していますが、「フルモデルチェンジ」として発表されています。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_05
    初代のコンセプトを継承する直線的な台形ラインを持っていますが、2代目ラムダは、めっきモール類が廃止されているのが特徴です。
    また、ターボモデルには、サイドモールに、TURBOの文字が入っていました。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_06
    後姿は、同時期のセダン「ランサー」にも通じる直線的なラインで構成されています。
    2代目も、米国車を強く意識したデザインとなっています。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_07
    21世紀に入ってからは、安全上の理由でメルセデス・ベンツですら見かけなくなったボンネット上の立体エンブレム。
    当時の三菱車のマークが立っていました。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_08
    この個体には、懐かしいWORK社のブランド「Equip(エキップ)」の新品ホイールが奢られていました。
    21世紀になって、これ程綺麗なこのホイールにお目に掛かれるとは思いませんでした。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_09
    ラムダはFR駆動で、エンジンはG63B型ターボ。水冷式直列4気筒SOHC+電子制御燃料噴射装置(ECI)で、海外では「4G63」と呼ばれていたようです。車名は海外ではラムダではなくスコーピオン(Scorpion)と呼ばれていたそうです。
    この個体は、ラリー車だそうなので、遮熱材貼り巡らされていたり、社外品のストラットタワーバーや強化電装など、競技車両らしいチューニングが施されていました。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_10
    この個体のボンネットは、1,800ccモデルのものが流用されているそうなので、ボンネット裏に貼ってあるプレートは、G62Bエンジン用の表記となっていました。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_11
    こちらが、車体プレート。ちゃんとエンジン形式は、「G63B(過給機付)」とあります。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_12
    ドアを開けると、黒で統一されたスペシャリティーカーらしい内装が現れます。
    ドアスピーカーのデザインも当時を感じさせる懐かしいものです。
    競技車両と云うことで、シートはレカロのバケットタイプになっていました。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_13
    ナルディ(NARDI)のステアリングは社外品ですが、この内装にとてもよく似合っています。
    インストゥルメントパネルの助手席側に注目。
    今や大変希少な1980年代当時のラリーコンピュータが搭載されています。今でも動くようですが、当時はこれだけで大変高価なものだったと記憶します。
    このコンピュータのマウントは、よく見ると運転席側のメーター類を収めるフードを流用して創ってあるようです。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_14
    ステアリングコラムには、社外の過給圧力計が追加されています。
    オレンジ色のメーター類が、今となっては1980年代らしい味のあるデザインに感じられます。
    速度計の時速100km/hからもレッドゾーンに塗り分けられていたのもこの時代の特徴です。
    回転計は、6,000rpmからがレッドゾーンになっていました。ターボ車は大体このぐらいの最高回転数の設定が多いようです。

    三菱ギャラン・ラムダ2000GSRターボ(A164A型 - 1981年)_15
    【こぼれ話】
    この個体は、中兵庫クラシックカーフェスティバル2014の会場でオーナー様にお声を掛けさせて頂き、取材させていただきました。ありがとうございます。

    1970年代後半から1980年代初期の自動車と云うのは、今や本当に貴重な気がします。
    スペシャリティカーの場合、特に三菱車やマツダ車の現存率は少ないように思います。
    このラムダと云う車種自体、ほんとうに久しぶりにお目に掛かれたという感じでした。

    冒頭にもご紹介しました通り、このラムダはさらに希少な当時のラリー車で、競技では実際に優勝経験もあるのだそうです。
    写真では判りませんが、ラリー車のサスペンションを備えていますので、ショックアブソーバーは、ちょっと車体を押したぐらいでは沈まないほど硬いものが装着されていました。
    1970年代のランサーの活躍はありましたが、なんと云ってもミツビシの競技車両と言えば、1980年代の活躍が印象に残ります。
    ワークスパジェロのラリーレイドがパリ・ダカールで総合優勝し、サーキットレースでも、スタリオンのグループA仕様が国内外で大活躍しました。その他にも、由良卓也さんのエアロパーツで武装したミラージュのワンメイクレースなど、ミツビシのモータースポーツ部門だった「RALLYART」が一世風靡していた時代でした。
    その先駆けとなった1981年型ラムダのラリーカー。これはほんとに貴重な一台にお目に掛かれました。
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/170-a99d6dc4

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。