ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ダットサン・トラック(521型-1968年)

    2010/09/12 12:00|日本車-日産TB:0CM:0
    ダットサン・トラック(521型-1968年)_05ダットサントラック 521
    (Datsun 1500 Truck Deluxe -521型-1968年)

    今でもカスタムなどで人気のダットラですが、その中の521型と云うモデルをご紹介します。

    ダットサン・トラック(521型-1968年)_01
    これは、520系からマイナーチェンジして、510ブルーバードに近い顔つきを与えられた1968年型。

    1970年代には、電気屋さん、大工さん、畳屋さんなど、職人さん御用達の働くクルマでした。
    そして、はたらくクルマゆえに、こうしてノーマルで綺麗に残っている固体は珍しくなってしまいました。


    ダットサン・トラック(521型-1968年)_02
    【スペック】
    エンジン:日産J15型 OHV直列4気筒 1500cc
    最大積載量:1,000kg

    この手の車種は、ほんと文献資料探すのに苦労します。と、言うことでごく簡単なスペックになりました。
    日産のJ型と云うエンジンは、この当時の商用車に使われていたエンジンのようで、L型の原型らしいです。



    ダットサン・トラック(521型-1968年)_03
    RK101スタウトもそうだが、たっぷりとしたサイズの荷台が特徴的なリヤビュー。
    そう見える理由のひとつに、この頃は荷台にホイールハウス(後ろタイヤ部分の出っ張り)があるタイプが主流で、荷台床面が平らな、いわゆるフラットロータイプが流行りだしたのは70年代終わり頃~80年代にかけてのことだったと記憶する。

    テールランプが小さい。あおりは、一方開きのようだ。



    ダットサン・トラック(521型-1968年)_04
    バランス良い横からの眺め。
    いわゆるショートボディ、ロングボディーで云うと、これはショートの方だろうか。
    貴重な純正フルホイールカバーが着いている。
    まだクーラーやエアコンなど、滅多に着いていない頃なので、換気用の三角窓も時代のアイテムだ。





    ダットサン・トラック(521型-1968年)_06
    こちらは、ボンネットに着いているDマーク。ダットサンのDであろう。










    ダットサン・トラック(521型-1968年)_08
    とてもシンプルな室内。
    1960年代の国産車は、まだステアリングコラム部分にいろんなものが着いておらず、コラム式のシフトレバーとウインカーレバーのみ。
    その他は、ダッシュボードに着いている。AMラジオ左下のスイッチは、ヘッドライト用で、引くタイプ。2段階になっていて、1段目がLOWビーム、2段目がHIビームと云う具合になっている。
    ラジオ左上は、ヒーターのファンスイッチ。これもLOW、HIの2段階と思われる。
    その下は、キャブレター車なので、エンジン冷間始動時に引くチョークレバーである。
    コラムシフトの奥にあるのが、ヘッドライトスイッチのようだ。


    ダットサン・トラック(521型-1968年)_09
    足回りが、豪華なので掲載しておく。
    これは、フロントサス部分だが、ストラットではなく、なんとウィッシュボーンのようだ。
    このあたりが、さすがブルーバードの系譜と云ったところだろうか。

    【こぼれ話】
    この個体は、友人との旅の途中で日産のディーラーに飾ってあるのを偶然見かけ、取材させてもらった。
    カスタムベースとしての521は、結構見かけるが、このようにホイールカバーに至るまでのフルノーマル車を見ることはほんとうに珍しかった。
    恐らく田園地帯が広がる地域だったので、仕事の足として長年重宝された後にここに来たのだろう。
    当時は、ミニカーもあったし、このクルマを見たら懐かしさを覚えるのだが、実際にクルマ好きが間近で目線を投げかけるようなことは、当時は無かった。色もメタリックではないソリッドの「ねずみ色」で、こういう色合いも今は商用車と言えども見かけない。
    過ぎ去ったおおらかな時代の流れを感じた一台でした。
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/21-639a45c9

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。