ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    ホンダ・T360(AK250型-1963年)

    2010/09/17 12:00|日本車-ホンダTB:0CM:3
    ホンダ・T360(AK250型-1963年)_01
    ホンダ・T360
    (Honda T360-AK250型-1963年)







    ホンダ・T360(AK250型-1963年)_02
    これは、有名なヒストリックカーなので、説明するまでもないのですが、ホンダが初めて世に送り出した4輪車です。

    水冷直4DOHC2バルブで、4連スロットルで、等長排気管で、フロントダブルウィッシュボーンサスで、2シーターで、ミドシップと、スペックだけで、おなかいっぱいになる軽貨物車です。



    ホンダ・T360(AK250型-1963年)_03
    【スペック】
    車両形式:ホンダ AK250型
    エンジン:水冷式直列4気筒 DOHC 2バルブ、4キャブレター式 354cc
    最大出力:30PS/8,500rpm
    最大トルク:2.7kgf·m/6,500rpm
    変速機:4速コラム式(ハンドル右側に配置)
    駆動方式:MR
    サスペンション:F/Wウィッシュボーン式、R/リーフリジッド式
    ブレーキ:4輪ドラム
    車両重量:610kg
    乗車定員:2名


    ホンダ・T360(AK250型-1963年)_04
    カエルのお面のような、愛嬌のある立体的なフロントマスクが特徴ですが、エンジンは、運転席の下に搭載してあります。
    四輪界、初見参にふさわしく「ホンダここにあり!」と、いわんばかりの大きなホンダマークが真ん中に輝きます。

    元々は、スポーツカーを出したかったらしいので、軽トラックとしての使い勝手は、あまり行き届いていないのか、後ろの荷台は、一方開きで、しかも開口部が狭くなっております。
    その代わり、前述の通り、内容はスポーツカー以外のなにものでもありません。

    ホンダ・T360(AK250型-1963年)_05
    前面の立体的なカエルの顔を開けるとこのようになっております。
    目ん玉(ヘッドライト)が残るので、まさに骨格標本みたいですが、中身はスペアタイヤとジャッキなどが収まるスペースになっておりました。
    あとは、ブレーキマスターカップと云ったところでしょうか。

    昔のホンダにしては、ヘッドライトの整備性がとても良さそうです。





    ホンダ・T360(AK250型-1963年)_06
    後ろの正面ですが、荷台のあおりは、ここしか開きません。しかも狭い間口です。
    あくまでも他のメーカーの真似をしたくなかったのかは、わかりませんが、意地を感じるテールランプの配置です。
    しかし、あおりの高さ自体は深めなので、積んでしまえば結構使い勝手はいいのかもしれません。

    ちなみに、この個体のマフラーはカスタマイズパーツと思われます。

    リヤオーバーハングが極端に短い為、ギリギリの位置まで後ろに来ているリーフスプリングのマウント部に注目。
    ホンダ・T360(AK250型-1963年)_07
    さて、室内ですが、ベンチシートになっております。
    右側にコラムシフトのレバーと云うのが、慣れないと運転しづらいだろうと思いますが、これまた個性的です。
    左側に方向指示器のレバーですから、まるで左ハンドル車の配置です。

    その左にあるのはAMラジオのようにも見えますが、ヘッドライトやワイパーなどのスイッチのようです。
    左端のスピーカーが、いい味出してます。但し、いい音を出すかどうかは不明。
    ちなみに、この時代の360ccに多いのですが、ダッシュボードはボディと同色の鉄製です。
    ホンダ・T360(AK250型-1963年)_08
    計器類は、まるでオートバイのベンリィ号のような形状のスピードメーターが付いています。
    スピードのメモリの内側に、シフトポイントの目安となる線が入っているところまで同じです。
    あと、左から、燃料計、水温計、方向指示器のランプ、ヘッドライトの上向きランプ、サイドブレーキランプです。

    手前のハンドルの内側にある、銀の輪は、ホーンボタンです。「ホーンリング」と云う形式で、1960年代頃までのホーンボタンの定番でした。

    ホンダ・T360(AK250型-1963年)_09
    最後に、シートをめくると顔を出す、4連スロットルのキャブレターとDOHC4気筒エンジン。
    4連キャブは、バイクの世界では当たり前ですが、自動車では、スポーツカー以外で、見ることは殆どありません。
    ラジエータは、この位置にあって、風は当たるのだろうかと心配になる場所に着いています。
    手前の銀のオイル缶を改造して取り付けてある箱は、「ブローバイ」と云う、エンジンから出てくる余分な気化したオイルを溜めるところです。
    レーシングマシンによく見られる改造ですが、車検に必要なのでしょう。
    ※70年代以降のクルマは、殆どが再びエンジンに戻す「ブローバイ還元式」になっております。


    【こぼれ話】
    こちらは、ネオヒストリックカー愛好会の友人たちと、とあるお店に見に行った際に取材させていただきました。
    自動車屋さんのオーナーさんが、長年大切に乗られている綺麗なT360でした。
    21世紀に入ってからも、軽トラで、ドリフトコースを走ったりする人もいらっしゃいますから、今もう一度、こういうコンセプトの軽トラックを創っても面白いかもしれません。独創のホンダ復活と云うことで。

    Fictional_Acty_Truck_TypeR
    そんなT360へのオマージュとして、カーコラ作ったのを載せておきます。
    ※このアクティは、フィクションです。


    コメント
    確か、S360のスポーツカーを販売しようとしたけど他のメーカの大反対
    (これが、良く理解出来ないですが、他のメーカーが反対できるのかと)

    して販売出来なかったので、同じエンジンを積んだ軽トラを販売したとか
    聞いてます。
    当時、「ハイウェイのドンガメ」のキャロルに乗ってましたが、確か18PSでしたか、
    それと比べると雲泥の差が有りました。
    大昔のオーナー #O9KHQnBM|2014/09/13(土) 22:53 [ 編集 ]
    大昔のオーナー様

    T360と云う車名と仕様を知ったのは、大人になってからでしたが、最初は「何で軽トラ!?」
    と不思議で仕方が無かったです。
    でも、敢えて軽トラでやってしまうあたりが音楽で云うならロックンローラーのような抵抗だったのでしょうね。
    ツーワンマフラーなんて、多分21世紀の軽トラでもやってませんもんね。

    「ハイウェイのドンガメ」・・・なんかイメージにぴったりのあだ名ですね。
    親父の友人は、輸出仕様の600ccに載せ換えてたと聞きました。
    しかし、毎回、車検前に360のエンジン戻してたとか。

    Nostalgia-Cars Webサイト管理者 Nostalgia1970
    Nostalgia1970 #WgvW/Y1g|2014/10/09(木) 19:42 [ 編集 ]
    中古と言う事も有り、キャロルで痛い目に有ったので、トラウマでも無いんですが
    それ以来マツダは敬遠してます。
    現在だと、リコールでしょうがブレーキパイプの中が錆びてブレーキが利きっぱなしや、
    リヤドライブシャフトのジョイントがイカれてショックは出るはと。

    話を戻します。
    このT360は会社に有りましたが、エンジン音が「これがトラック?」と思う位
    良い音でしたね。

    大昔のオーナー #O9KHQnBM|2015/01/10(土) 22:10 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/29-9ffa2e64

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.