ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    トヨペット・コロナ・マークⅡL(X20型-年式不明)

    2010/09/02 17:46|日本車-トヨタTB:0CM:0
    トヨペット コロナマークⅡL
    (X20型-年式不明:1970年代中頃)
    ※以下、画像をクリックすると大きな画像が開きます。
    トヨペットコロナマークⅡL_06


    トヨペットコロナマークⅡL_01

    うる覚えメモ:
    "L"は、シリーズの上級モデルでセパレート型のグリルとオーバーライダー(バンパーの黒いヒゲ)が他との違いです。
    70年代中頃のモデルと思われます。



    トヨペットコロナマークⅡL_02
    ここに紹介するのは、ご覧の通り廃車である。
    しかし、欠品はヘッドライトぐらいで、かなり綺麗な状態を保っており、少し整備すれば走りそうな感じがした。
    はるばる21世紀まで生き延びてきてこのまま解体されてしまうのはあまりにももったいなくはないだろうか。
    アルミホイールは外品と思われる(ハヤシストリート?)。





    トヨペットコロナマークⅡL_03

    70年代のデザインのカッコよさが強調されたリヤビュー!
    ダルマセリカなどにも通じるデザインです。

    トランクに入っているタイヤは当時のこの車ものらしく、なんと!未使用のクロスプライホワイトリボンタイヤでした。

    マッドガード(泥除け)もオリジナルか?





    トヨペットコロナマークⅡL_05

    フルオリジナルと思われる室内。
    実に綺麗に保たれていてファブリックのシート、内張りの目立った汚れや破れもありませんでした。

    ■主な豪華装備:
    ・パワーウインドウ(4枚共)
    ・木目メーターパネル
    ・クーラー(エアコンではない)
    ・木目調ステアリング(色あせてますが。。。)
    ・ファブリック調フルフロアカーペット

    トヨペットコロナマークⅡL_04

    美しい輝きを放つリアクォーターパネル。
    ご覧の通り、ボディそのものに錆は見られない。

    当時のスペシャリティカーには多かったのですが、ソリッドのオリーブ色というのも現代では見られないボディーカラーです。




    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/3-8b241ad5

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。