ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ギャラン・シグマ(E19A-1997年*)

    2010/09/19 12:00|日本車-三菱TB:0CM:4
    ミツビシ・ギャラン・シグマ(E19A-1997年)_01
    ミツビシ・ギャラン・∑
    (Mitsubishi Galant Sigma - E19A型 - 1997年*)

    珍しいFFのタクシー、三菱ギャラン∑。
    1980年代に、先進のエアロフォルムでデビューした5代目ギャランのタクシー仕様は、6代目ギャラン登場後も、20世紀の終わりまで、生産された。

    それは、「シーラカンス」と呼ばれた、初代デボネアよりも、息の長い生産年数を記録したことになる。


    まず、こちらのクルマは、他よりも写真点数が少ない点をご容赦願いたい。

    【スペック】
    車両形式:ミツビシ E19A型(タクシー仕様車)
    エンジン:4G92型 水冷式4気筒 SOHC 1600cc
    燃料:LPG
    変速機:フロア式 5速マニュアル
    駆動方式:FF

    ミツビシ・ギャラン・シグマ(E19A-1997年)_01
    1980年代の世界的な「空気抵抗係数低減デザイン」ブームに乗って、登場した5代目ギャラン。∑としては3代目になるが、CD値0.30だか0.32だかと云う謳い文句のエアロフォルムが魅力的なセダンだった。

    標準仕様のギャラン∑は、当時の標準周期どおりに、4年でフルモデルチェンジを迎えたが、タクシー仕様のE19型だけは、その後も生き続けた。
    その理由とされるのが、現在でも珍しい、前輪駆動のタクシーと云うことだった。
    雪の降る地域では、クラウン/セドリックなどのFR方式よりも、FF方式の方が、運転しやすい為、地域需要が長期生産後押ししたらしい。

    さて、タクシー仕様だが、エンジンは1600ccのLPG仕様。これは、ガソリン車にも使われているエンジンをLPG用にしたものだ。
    そして、外観は、発売当初の角目2灯風のカバーが無い、角目4灯に改められ、80年代の営業グレードのお約束で、前後のウレタンバンパーは、無塗装のグレードが存在した。
    また、フロントグリルも、格子型のものに改められ、当時のタクシー仕様の必須要件でもある、フェンダーミラーが標準装備となっている。
    これらのモデファイのため、80年代に流行った、あのエアロフォルムの∑だとは、一見気がつかないことも、あるかもしれない。

    尚、タクシー仕様なので、左後ドアを運転席から開閉する、自動ドアも装備されている。

    ミツビシ・ギャラン・シグマ(E19A-1997年)_01
    インストゥルメントパネルの計器類も、廉価グレードのものになっている為、回転計の代わりにアナログ時計が着いている。
    クラウンや、セドリックのタクシーグレードのように、独立多眼式の計器パネルではないので、タコグラフ(運行記録計)は、別にセンターコンソール下部などに装着されている。

    尚、撮影時期は、21世紀に入ってからなので、この個体にはGPS配車システムが搭載されてた(写真中央左の液晶パネル)。

    【こぼれ話】
    この個体は、友人たちと旅をしている時に、呼び止めて乗ったタクシーで、降りる時に、運転手さんにお願いして撮影させていただきました。
    じつは、タクシーを拾う前から、この地域では、ちょくちょくシグマを見かけていたので、この車種をわざわざ停めて乗ったのでした。

    1600~1800ccクラスの小型タクシーを見かける機会が年々少なくなっているように思います。
    古い町並みでは、小回りが効いてよかったのではないかと思うのですが、この分野も車体の大型化の波に飲まれてしまったようです。

    コメント
    このギャランタクシーは個タクとかでぼつぼつ生存しているみたいですね
    実際に見たことないので見てみたいですね、写真の撮り角も綺麗です
    もやし #vXeIqmFk|2012/11/02(金) 00:13 [ 編集 ]
    もやし様
    はじめまして。Nostalgia-Cars Webサイト制作者のNostalgia1970と申します。
    この度は、当Webサイトをご覧頂き、またコメントを頂きましてありがとうございます。

    ギャランタクシー、まだ現役で走っている地域がありますか。
    わたしはこの個体を北海道で見た数年前が最後でした。
    京都北部でも、アリオンなどに換わってしまって、いまやこのぐらい小型のタクシーを見かけることは、ホントに少なくなりましたね。

    また、どこかで見つけたら教えてくださいませ。

    Nostalgia-Cars Webサイト管理者 Nostalgia1970
    Nostalgia1970 #HsmQRNbc|2012/11/02(金) 23:17 [ 編集 ]
    はじめまして
    いやぁ懐かしい!!
    現在17歳なのでそれほど昔ではありませんが、小さい頃よくこのギャランΣのタクシーに乗っててお気に入りでした。
    この四角くて右下にロゴが付いたハンドルとかデコボコしたテールランプが好きでした。
    でもいつの間にかギャランΣタクシーは見かけなくなっていました。
    ネットで探してもなかなか写真や情報が見つからないのでここで写真が見れて嬉しいです!
    Emplet #-|2013/01/27(日) 12:42 [ 編集 ]
    Emplet様

    はじめまして。Nostalgia-Cars Webサイト制作者のNostalgia1970と申します。
    この度は、当Webサイトをご覧頂き、またコメントを頂きましてありがとうございます。

    ギャラン∑タクシー、かっこいいですよね。

    掲載の写真のクルマも、10年前に撮ったものですから、もう引退しているでしょうね。
    当時で既にかなり珍しかったですから、∑タクシーの現存率は相当少ないと思います。
    小回りが利いて、丁度良いサイズだったんですけどね。

    しかし、この手の車に魅力を感じられる、ティーンエイジャーが居られた事にこちらも感激です。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。

    Nostalgia-Cars Webサイト管理者 Nostalgia1970
    Nostalgia1970 #HsmQRNbc|2013/02/01(金) 01:05 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/32-dea598b7

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。