ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ゲンバラ・チールス(ドイツ車-1987年)

    2010/09/18 17:52|輸入車 その他TB:0CM:4
    ゲンバラ・チールス(ドイツ車-1987年)_01
    ゲンバラチールス
    (Gemballa Cyrrus - ドイツ車 - 1987年)

    世界的に好景気に恵まれた1980年代後半登場した、スペシャルコーチビルダーのドイツ、ゲンバラ(Gemballa)社。
    1986年頃から、ポルシェ911ターボ(930型)を、ほぼ原型不明にまでドレスアップし、チューニングを施した、セレブリティなスーパーマシンを排出した。
    チールス(Cyrrus)は、クローズドボディのアバランシェ(Avalanche)のオープンタイプで、フラットノーズ化だけでなく、サイドのスリットインテークや、天使の羽のようなリヤスポイラーに至るまで、全身をゲンバラ色で染め上げられている。


    ゲンバラ・チールス(ドイツ車-1987年)_02
    ゲンバラチールスの後姿は、まさに圧巻のフォルムだ。

    肉厚のある、大きなリヤスポイラーは、他のどれとも似つかない、鳥の翼のような形をしている。
    エキゾーストパイプは、片側3本出しで、左右で6本出ている。
    そして、サイドには、ドアからリヤフェンダーにかけて伸びる、スリット入りの巨大なインテークが創りこまれている。


    ゲンバラ・チールス(ドイツ車-1987年)_03
    真っ赤に染められた、チールスの室内。
    ステアリングやインストゥルメントに、オリジナル911の面影だけは残すが、メーターパネルに至るまで、全てがカスタムチューンだ。
    シートは、革張りの電動レカロと思われる。

    ちなみに、この手のコーチビルダーカーは、富豪向けに創られた少量生産車なので、内装や、エンジンのチューニング度合いなど、オーダーメイドで、いわば如何様にでも出来る。

    【こぼれ話】
    こちらの個体は、1987年に開催された、チューニングカーショーの会場にて撮影しました。
    ゲンバラと云うすごいポルシェがあるらしい。」と云う噂だけは聴いていたのですが、会場で初見参となったわけですから、このときは興奮しました。

    ケーニッヒ、スバッロ、ブフマン、アルメラスなど、この手のスペシャルを製作するメーカーは、沢山ありますが、何れも、アラブの富豪向けと云うイメージがあって、日本に来るとは思っていませんでした。
    それだけ、好景気で華やかな時代だったのでしょう。

    ゲンバラは、21世紀に入っても、精力的に、997ベースのアバランシェなどをリリースしているようです。
    高嶺の花とは、このことなり。
    コメント
    掲載ありがとうございます。現在このゲンバラチールスを所有しております。
    930ゲンバラチールス国内登録2台、其の内の1台は、内装色は白です。
    購入時、販売店の説明では東京オートサロン出展車とは聞いていましたが、この写真で確認できました。
    有難う御座いました。
    チールス #QvfgIWC6|2010/10/24(日) 20:15 [ 編集 ]
    チールスさん

    はじめまして。当サイトをご覧頂き、また、コメントありがとうございます。

    驚きました。このゲンバラ・チールスの現車オーナー様ですか。
    このようなサイトをやっていると、凄い方とご縁があるものですね。

    国内登録2台と云うのは、わたしも当時の雑誌か何かで見たことがありましたが、
    ホントにそうだったんですね。
    白内装の方は、YouTubeで走行シーンがアップされていたように思いますが、ご覧になられましたか?

    930のパーツはともかく、内外装共にスペシャルパーツのかたまりみたいなゲンバラの
    維持と云うのは、とても大変なイメージがあるのですが実際どうなんでしょう?

    この写真ですが、当時は、東京オートサロンで展示された車両の幾つかを、展示する関西圏のショウがありまして、確か「神戸モータートレンドショウ87」(2月23日、神戸国際展示場で開催)と云うイベントでの撮影と、手前共に記録がありました。
    確か、当時の自動車雑誌にも写真が出ているものがあったように思います。
    会場でのチールスは、もちろん注目度抜群で、人だかりを避けての撮影には苦労した記憶があります。

    今も、綺麗な白い翼をなびかせていることがわかって、わたしも嬉しくなりました。
    ありがとうございます。
    nostalgia1970 #HsmQRNbc|2010/10/25(月) 21:41 [ 編集 ]
    こんにちは、貴重なお写真がみれました。ありがとうございます。
    内装白のチールスを所有しているものです。
    この内装赤のタイプはボンネットに可変ウィングがついてる希少な物ですね。
    当時の懐かしい写真が見れて楽しませていただきました。
    ちなみにアバランシェも一台のみ日本に存在します。750馬力オーバーの
    モンスターです。 
    gemballa #HTbbz2kM|2010/12/08(水) 00:11 [ 編集 ]
    gemballaさん

    当サイトをご覧頂きまして、またコメントを頂きましてありがとうございます。

    いやぁ、凄いです!
    日本に現存のチールスオーナーさんがお二人も書き込みいただけるとは!

    白内装チールスと云うことは、わたしがYouTubeで見た動画の方でしょうか。
    ボンネットの可変ウイングは、チールスの中でも珍しいものなのですか。
    屋根つきアバランシェも日本に一台なんですねぇ。
    750馬力と云えば、レーシングポルシェ並のチューニングだったんですね。
    いやぁ、しかしゲンバラってやっぱり超レアなスーパーカーなんですね。

    そのオーナー様に、こうして書き込みしていただいて嬉しい限りです。
    そのうちどこかのイベントなどで実物お目に掛かりたいです。
    Nostalgia1970 #HsmQRNbc|2010/12/09(木) 22:47 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/34-d26c5def

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。