ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    童夢/トムス85C(Group-C - 1985年)

    2013/01/05 12:00|日本車 その他TB:0CM:0
    童夢・85(Gr.C - 1985年)_02童夢/トムス85C
    (DOME/TOM'S 85C - Group-C - 1985年)

    レースそのものは90年代初頭で終了しましたが、今でも世界中で人気があるレースカテゴリーのひとつ、グループCカーのレース。

    グループCカーの初期は、文字通りポルシェ全盛期でしたが、そこに果敢に挑んだ純国産マシンがありました。
    トヨタのエンジンを積み、シャーシは、日本のレーシングカーメーカー、童夢が設計・製作した、童夢/トムス85Cでした。


    トムス・85C(Gr.C - 1985年)_031985年に、レイズレーシングから全日本耐久選手権に出場した、「ボルクレーシング85C」です。

    【スペック】
    エンジン:トヨタ4T-GT改 水冷式直列4気筒 DOHC 2バルブ 2,090cc ターボ付 電子制御燃料噴射付
    ターボチャージャー:KKK製シングル式
    推定出力:500~600HP/7,500~8,000rpm*
    シャーシ:ツインチューブ型アルミモノコック
    ボディ材質:FRP
    ホールサイズ:16インチ
    車両重量:850kg
    車両設計:株式会社童夢
    *レーシングマシンは、レースにより、セッティングが異なる為、推定馬力としています。
     尚、上限回転数についても、レースにより異なります。

    童夢・85C(Gr.C - 1985年)_04他の何にも似ていない独創のフォルムが、童夢/トムス84/85Cの特徴です。

    FIA世界耐久選手権(WEC)の、グループC規格に準ずるクローズドボディ(屋根付)2座席のプロトタイプスポーツカーです。
    1983年に、ルマンで衝撃のデビューウインを飾ったポルシェ956に、世界中の自動車メーカーやレーシングカーコンストラクターが照準を合わせ、新しいグループCマシンを開発して挑むようになりました。

    その中で、日本の童夢は、早くからルマンに挑戦しており、Cカー規格になってからは、それまでの零RLに屋根を付けたものに始まり、83C,84C,85C.と続いていき、グループC規格のレースが消滅するまで発展し続けました。

    童夢・85C(Gr.C - 1985年)_0185Cは、世界ラリー選手権(WRC)用のセリカ(TA64型-競技用限定車)の為に開発されたエンジン、トヨタ4T-GTグループC用に仕立て直して、搭載しています。

    デビューした1984年に、トムスチーム(36号車)と、童夢チーム(38号車)が84Cを全日本耐久選手権を走らせていましたが、1985年、86年には、85Cが多くの国内プライベートチームに販売されました。
    85年には、新しい形状のリヤウイングが、トムスと童夢車に装着されていましたが、86年には84タイプに戻っています。

    ミノルタカメラのスポンサーカラー(35号車)は、1986年に見崎清志氏率いる見崎スピードチームが走らせた「ミノルタ・トムス85C」です。

    童夢・85C(Gr.C - 1985年)_05筆者が観戦した、86年の鈴鹿500kmレースには、6台もの国内チームの85Cが出走していました。
    #3 トヨタ・ワープゾーン85C(オートビューレック・モータースポーツ)
    #5 アドバン・トムス85C(オートビューレック・モータースポーツの2号車)
    #35 ミノルタ・トムス85C(ミサキスピードのマシン)
    #36 トヨタ・トムス85C(トヨタ・チーム・トムスの1号車)
    #37 トヨタ・ダンロップフォーミュラ85C(チーム・イクザワ)
    #38 ワコール・童夢85C(童夢のワークスカー)
    ※写真は、1986年の鈴鹿500km耐久レースでのローリング・スタートシーンです。
    ※当時、海外チームへの販売は、無かった模様です。
    2012/11 一部訂正
    童夢/トムス・85C(Gr.C - 1985年)_06国内の全日本耐久選手権では、ノバ・エンジニアリングや、トラスト・レーシングのポルシェ956を、追いまわし、幾つもの表彰台も獲得しました。そして、1985年の開幕戦では、国産Cカー初の1勝を挙げています。
    また、同85年には、ルマン24時間レースにルマン用の85C-Lが出場し、総合12位でフィニッシュしました。
    この時は、87年から正F1ドライバーに昇格した中島悟選手もドライブしています。

    写真は、1986年の鈴鹿500kmレース。
    終盤に、ターボトラブルで火を噴くミノルタ・トムス85C(ミサキ・スピード)
    童夢・85C(Gr.C - 1985年)_07
    【こぼれ話】
    レイズレーシングのトムスの写真は、大阪のショウで、友人が撮影して来てくれたものです。
    他の写真は、1986年4月の全日本耐久選手権第一戦、鈴鹿500kmで、わたしが撮影しました。

    300mmの望遠一眼で、撮影したのですが、当時のグループCカーは、鈴鹿のメインストレートエンドでは300kmに達すると云われていましたから、カメラでマシンを追うのは、ほんとうに大変でした。
    マシンを遮るように、フェンスの柱が写っていたりするのは、その為です。
    第一線のモータースポーツ写真を撮る難しさを、初めて実感したのでした。

    1986AllJApanFuji1000kmSticker
    1992年で、グループCカー時代は、終わりました。
    しかし、21世紀に入ってからもCカーのファンは非常に多く、その美しい姿と強大なパワー、そして、時速300kmを裕に超えるスピードなど、時が過ぎても変わらぬ魅力を放ち続けています。

    最後に、1986年全日本富士1000Kmレース大会(富士ロングディスタンスシリーズ第一戦)のステッカーを入手しましたので、貼っておきます。
    ここに写真で紹介した各マシンが絵柄になっている、今では貴重なステッカーです。
    -2013/1 追加-


    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/40-ffb6491e

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.