ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【特集】レアカー特集02「仏・英車」

    2010/10/01 09:00|【特集】TB:0CM:0
    【特集】レアカー特集02 「フランス車と英国車」

    ここでは、写真点数が少ないが、とっても珍しいクルマたちを、まとめてご紹介します。
    フランス車と英国車の中から、レアカーを紹介します。

    マトラ・シムカ・バゲーラMk1(フランス車 - 1974年*)_01マトラ・シムカ・バゲーラMk1
    (MATRA SIMCA BAGHEERA Mk1- フランス車 - 1980年*)
    バゲーラは、水冷式4気筒 OHV 1294cc エンジンを、ミドシップに搭載し、座席は横に3人掛けと云うユニークな、シムカ社が創ったコンパクトスポーツカー。

    当時、フランスでは量産された自動車だったが、日本には殆ど入ってきていない。

    ファッションブランド「クレージュ(courreges)」のドレスアップによる特別仕様もあった。




    ルノー・25(Renault 25 - フランス車 - 1984年)_01ルノー・25
    (Renault 25 - 1987年)
    国営時代終盤期のルノー公団が創った、ミッテラン大統領時代に、フランスの公用リムジンとしても用いられてた、ルノーの最上級モデル、25(バンサンク)。
    日本で云うと、センチュリーや、プレジデントの位置付けになる。
    高級リムジンながら、セダン型では無く、5ドアハッチバックスタイルと云うのが、ヨーロッパ車らしい。
    水冷式V型6気筒 2,664ccエンジン搭載のFF車である。
    エンジンバリエーションは、2,000ccから、3,000ccまで、ヂーゼルも含めて複数の仕様があった模様。


    ルノー・21(フランス車 - 1987年)_01ルノー・21turbo
    (Renault 21turbo - 1987年)
    ルノー・21(バンティアン)ターボは、ジョルジェット・ジウジアー(Giorgetto Giugiaro)ロデザインのミドルセダン、ルノー21のスポーツバージョンだ。
    エンジンは、水冷式4気筒 SOHC 1995cc を、ギャレットT3ターボチャージャーでチューンし、177psを5,200rpmで発生した。
    駆動方式は、5速マニュアルのFF車で、4輪ディスクブレーキには、早くもABS(Anti Lock Brake System)を装備している。


    シトロエン・DS21(フランス車 - 1968年*)_01シトロエン・DS21
    (Citroën DS21 - 1968年頃)
    こちらは、今なお、名車の名声華々しいDS。しかし、実際に日本で見かけることは非常に少ない車種だ。
    乗り心地と抜群の安定性を提供すると名高い、シトロエンのお家芸、ハイドロー・ニューマチック・サスペンションを搭載している。
    非常に個性的で、美しい流れるようなボディは、彫刻家によるデザインと言われている。
    エンジンは、水冷式直列4気筒 OHV 2,175cc の100psを搭載している。駆動方式は、云わずと知れたFFだ。


    アストンマーチン・V8ボランテ(英国車 - 1987年)_01アストンマーチン・V8ボランテ
    (Aston-Martin V8 Volante - 英国車 - 1987年)
    イギリスの高級GTメーカー、アストンマーチンの80年代の主力車種、V8のコンバーチブル版が、ボランテ(Volante)だ。
    水冷式V型8気筒 DOHC 5341cc 電子制御燃料噴射付 最大出力は不明だが、300馬力オーバーとも言われている。
    ボディには、アルミパネルが用いられている。

    ボランテは、英国の人気映画シリーズ007にもボンドカーとして登場した。


    MG・モンテゴ・ターボ(英国車 - 1987年)_01MG・モンテゴ・ターボ
    (MG Montego Turbo - 英国車 - 1987年)
    凹型の、サイドラインが特徴的な、オースチン・ローバー・グループのMGの小型セダン、モンテゴ(Montego)のホットバージョンが、モンテゴ・ターボである。
    シックスライト調のウインドウ構成や、光の加減によるグラデーションを発生させるサイドのプレスラインは、強烈な個性を発している。
    水冷式直列4気筒 SOHC 1994ccに、ギャレットT3型ターボチャージャーを装着し、152psを5,100rpmで発生する。
    5速マニュアルのFF車だ。


    ローバー・3500(英国車 - 1976年*)_01ローバー・P6(3500)
    (Rover P6 (3500) - 英国車 - 1976年頃)
    ローバーP6は、ローバー社が長い間製造したミドルセダンだ。欧州のカーオブザイヤーにも輝いた名車だが、日本には、少量しか輸入されておらず、滅多に見かけることの無い1台である。
    2,000ccから3,500ccまでバリエーションを揃えるが、日本に正規に入ってきたのは水冷式V型8気筒 3532cc OHVの最上級モデルだ。最大出力は、148ps/5,000rpmで、駆動方式はFR。3速オートマチックや、4輪ディスクブレーキなど、製造が始まった1960年代当時としては、高性能な装備を誇っていた。一見地味だが、見れば見るほど複雑な造形をしたフロントマスクや、半分被ったリヤタイヤのホイールアーチなど個性的なデザインをしている。


    フォード・エスコートRS1600Mk1(英国車 - 1968年頃)_01フォード・エスコートRS1600Mk1
    (Ford Escort RS1600 Mk1 - 英国車 -1968年頃)
    こちらもヨーロッパのモータースポーツ界では有名な名車だが、日本では数が少ないエスコート。
    元々1.3Lクラスの小型セダンだが、RS1600は、モータースポーツのベース車にもなったホットバージョンで、フォード・ケントエンジンの水冷式直列4気筒 DOHC 1599cc で、120HPのエンジンを搭載している。
    785kgと云う、軽量なボディとの相性が良く、世界ラリー選手権をはじめ、ヨーロッパのツーリングカーレースなどでも大活躍した。
    後に、RS2000と云う、エンジンをさらに拡大したモデルも存在する。


    【こぼれ話】
    特集の2回目は、フランス車と英国車の珍しいモデルを7台紹介しまいた。
    撮影は、1980年代当時の外車ショウや、自動車店で撮影しています。
    あと、エスコートは、TIサーキット英田(現・岡山国際サーキット)での、旧車愛好家による走行会での撮影です。

    ここに紹介したクルマたちは、いづれも個性の強い自動車ばかりで、21世紀の目にも魅力的に映るものばかりで、ヨーロッパではヒットしたクルマばかりですが、当時の日本の外車輸入の状況や、個性的過ぎて日本人の好みとしては受け入れられなかった、また高価だったなど、それぞれの事情が災いして、日本では数が少ないモデルとなりました。

    それでも、少量ですが現存する個体は、愛好家の手によって、現在でも元気に走っている個体も多く、これからもどこかですれ違うことがあるかもしれません。

    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/52-a6f0c0a8

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。