ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日産・スカイライン・2000RS-XターボC(DR30型 - 1984年)

    2010/10/02 09:00|日本車-日産TB:0CM:0
    日産・スカイライン・2000RS-XターボC(DR30型 - 1984年)_01ニッサン・スカイライン・2000RS-X インタークラー・ターボC
    (NISSAN SKYLINE 2000RS-X INTER-COOLER TUROB C - DR30型 - 1984年)

    こちらは、知る人ぞ知る、「鉄仮面」こと、スカイライン・RSのインタークーラー付 「ターボC」と云うクルマです。
    80年代には、一世を風靡しました。

    しかし、80年代の日産車の名前・・・長い!



    日産・スカイライン・2000RS-XターボC(DR30型 - 1984年)_021981年に登場した、6代目スカイラインR30」型の発展モデルは、フロントグリルレスのスタイルが特徴的で、これが「鉄仮面」と呼ばれる所以となりました。

    さらに、1984年に、ターボの圧縮気を冷やす装置「インタークーラー」が装備され、フロントバンパー左下に、開口部が設けれられた姿で、「ターボC」と呼ばれました。

    時代は、スーパーシルエットやグループCカーのレースが盛んな時期で、そのイメージと共に、スカイラインRSシリーズは、人気絶頂の時代を迎えました。


    日産・スカイライン・2000RS-XターボC(DR30型 - 1984年)_05【スペック】
    車両型式:ニッサン DR30
    エンジン:FJ20ET型 水冷式直列4気筒 DOHC 1,990cc インタークーラー+ターボチャージャー付 電子制御燃料噴射付
    最大出力:205ps/6,400rpm
    最大トルク:25kgm/4,400rpm
    変速機:フロア式5速マニュアル/4速オートマチック
    駆動方式:FR


    日産・スカイライン・2000RS-XターボC(DR30型 - 1984年)_03
    後姿は、RS-XRS-XターボCを見分ける特徴は無い。
    ケンメリ時代から続く、丸型4灯のテールランプは、R30系の上位モデルに引き継がれています。
    ちなみにCA18型エンジン搭載の、1800TIセダンには、角型4灯のテールランプが装着されていました。
    ノッチバック型(トランク付の箱型)だが、リヤワイパーを装備しています。
    スカイラインRS登場の頃は、太いタイヤの為に、ハンドルが重かったのですが、鉄仮面の頃には、パワーステアリングも装備されていました。


    日産・スカイライン・2000RS-XターボC(DR30型 - 1984年)_04
    内装は、シートが電動コントロール付になっている。シート地は、ストライプ柄と真っ赤な柄が選べたようだ。
    1980年代の日産社特有の角ばったインストゥルメントパネルが特徴です。
    また、スカイラインのスピードメーター、タコメーターは、ゼロ点を指すと、針が水平になるレイアウトであることも特徴的でした。

    尚、この個体のステアリングは、社外品のものに交換されているようです。
    さらに、シフトの根元には、本来革のブーツが着くのですが、この個体にはありませんでした。
    ちなみに、1984年は、ドアミラーが解禁になった後ですので、ドアミラーが純正装着されています。


    日産・スカイライン・2000RS-XターボC(DR30型 - 1984年)_06
    特徴的な鉄仮面マスク。インタークーラーターボCには、専用のダクト付きフロントスポイラーが奢られていました。
    21世紀のターボ車では、あたりまえになったインタークーラーと云う部品もも、1983年~1985年頃に、とても流行ったアイテムです。
    各メーカーの、ターボモデルは挙って、この装置を付けるようになりました。

    バンパー上部に、左右に立っている黒い物体は、ヘッドライトを清掃するためのウォッシャーです。
    走りのスカイラインには、こういった安全確保の為の装備も充実していました。


    【こぼれ話】
    この個体は、昔所属したネオヒストリックカークラブの人たちと、別のクルマを見に行った際に、撮影しました。
    モータースポーツでのイメージや、伝説話のお陰か、DR30発売当時は、最もスーパーカーに近い日本車と云う感じがしていて、街で見かけても、「あ!鉄仮面!」と、思わず振り返るカッコいいクルマでした。
    当時、200馬力を超える日本車と云うのも、珍しい時代でしたから、RS-XターボCの登場は、さらに鮮烈でした。

    21世紀に入っても、鉄仮面は、人気のあるネオヒストリックカーとなっているようです。

    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/53-6fa30c20

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。