ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    フォード・シエラ・2.0GHIA(ドイツ車-1984年)

    2010/09/03 00:28|輸入車-フォードTB:0CM:2
    フォード・シエラ・ギア(ドイツ車-1984年)_03
    フォード・シエラ・2.0ギア
    (ドイツ車-1984年型)

    このクルマを見て、フォードの「シエラ」だと云う人は、わたしと同じ世代かクルマの名前を良く知っている人だろう。
    日本では、新車当時も街中であまり見かけることはなかったドイツフォードの小型車である。
    日本では、街中よりもむしろサーキットを走るグループA仕様のスペシャルチューン車、「RS500コスワース」の方がなじみが深いかもしれない。



    フォード・シエラ・ギア(ドイツ車-1984年)_01
    グリルレスのエアロフォルムが特徴のフォード・シエラ。これは、5ドアのギアと云うグレードだが、80年代らしさをまとった、魅力的なエクステリアが特徴である。

    【スペック】
    エンジン:SOHC2バルブ 水冷直列4気筒 1993cc キャブレター式
    最大出力:105ps/5200rpm
    最大トルク:16kgm/4000rpm
    駆動形式:FR
    乗車定員:5名
    トランスミッション:AT or 4速MT(本国仕様)



    フォード・シエラ・ギア(ドイツ車-1984年)_04
    画質が悪くて申し訳ないが、ガラス越しに室内を見る。
    80年代特有のプラスチックなごつごつしたインストゥルメントパネルと、これも80年代特有のスポークの形状をしたステアリングが特徴。
    ただ、ドイツ車らしく、BMWなどと同じくインストが全体的にドライバー側に向いているのが判る。






    フォード・シエラ・ギア(ドイツ車-1984年)_02
    斜め後ろからの姿。日本では、なぜか売れないと云われている5ドアハッチバックの形状である。
    しかし、スタイリングは斬新で、当時もてはやされた「空気抵抗係数」を意識したフラットなデザインだが、流れるようにスタイリッシュだ。
    ドアのサッシュ(淵)が太く、ボディと一体化しているのも当時の流行であった。

    デビュー当初は、XR4iと云う2ドアのスポーティモデルがあったのだが、街では殆ど見たことが無い。

    そして、競技用スペシャルの限定車、RS500コスワースが登場するのは、1985年ごろだと思う。



    フォード・シエラ・ギア(ドイツ車-1984年)_05
    リヤビュー。
    ちなみに、名前の後ろに付く「ギア(ghia)」と云うのは、イタリアのデザイン会社、ギアのことで、フォードがその会社を買って以降、フォードのグレードとして付けられているものである。
    シエラ以前のエスコートやコルチナなどにもギアと云うグレードがある。
    80年代にフォードと提携していたマツダ・カペラの日本フォード仕様、テルスターにもギアと云うグレードがあった。



    フォード・シエラ・RSコスワース(英国車-1986年)_01
    こちらは、シエラのグループA用レーシングバージョン。シエラ・RSコスワース
    津々見友彦氏、率いる「ObjectT」チームのマシン。






    フォード・シエラ・RSコスワース(英国車-1986年)_02

    【こぼれ話】
    こちらは、某サーキット場に行く途中にある自動車屋さんで、偶然別の車種が置いてあるのに興味が湧き、その時に取材させていただきました。
    日本でのシエラ・ギアの綺麗な個体と云うのは、もしかしたら限定車のRS500よりも少ないのかもしれません。
    そう思わせるほど、さりげなく珍しい一台でした。


    コメント
    はじめまして。迷惑ながら、こちらのブログに初コメントさせていただきます。

    フォードシエラというと、ドイツの刑事ドラマ「アラームフォーコブラ11」(ご存知なかったらごめんなさい)では、スタント破壊車両の常連だったようです。特にパトカーで登場すると、ほぼ100パーセントの確率でぶっ壊されてました。石原プロの230セドグロ並みに・・・。

    ちなみにこのドラマ、現在でも本国で放送が続いているんですが、今ではフォードフォーカスやモンデオ、オペルオメガなどがスタントパトカーの常連のようです。

    最後になりますが、今後も私のつたないコメントをご贔屓にしてくださると恐縮です。
    では、今日はこのへんで。
    妄想大好き人間 #-|2015/03/27(金) 18:31 [ 編集 ]
    妄想大好き人間さま

    はじめまして。Nostalgia-Cars 制作者のNostalgia1970です。
    当Webサイトをご覧頂き、コメントも頂きましてありがとうございます。

    フォードシエラがぶっ壊れるドイツの刑事ドラマ、初めて知りました。
    そこで壊れ役と云うのも斬新なデザインながら地味だったシエラらしい役柄ですね。

    フォーカス、モンデオ、オメガ、いづれも90年代頃のタイプなら好きなクルマですが、やはりガンガン潰れてますか(笑)。
    わたしは、セドグロも好きですが、こういう役になりやすいクルマが好きかも知れません。
    英国のTopGearでよく潰されていましたモーリス・マリーナも個人的にはいい形だと思っています。

    こちら、最近Webで、懐かしのHBハリッキー監督のカーアクションなどを観て楽しんでいましたから、ドイツの刑事ドラマもYouTubeとかで観られるのなら一度観てみたいと思います。

    今後とも、よろしくお願い申し上げます。

    Nostalgia-Cars Webサイト管理者 Nostalgia1970
    Nostalgia1970 #WgvW/Y1g|2015/03/28(土) 01:11 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/6-8b18e90a

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.