ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    カワサキ・Z1100R(型式不明 - 年式不明)

    2011/07/05 00:59|日本車-カワサキTB:0CM:4
    カワサキ・Z1100R(型式不明 - 年式不明)_01カワサキ・Z1100R
    (型式不明 - 年式不明)


    カワサキ・Z1100R(型式不明 - 年式不明)_02発売から20年以上が経過した今も人気の一台、カワサキZ1100Rをご紹介します。
    詳しいスペック、仕様等は、カワサキフリークたちが作っている多くの他のページに譲るとして、ここでは、この個体の解説のみとさせて頂きます。

    アメリカ出身のAMAスーパーバイクチャンピオン(1981年、82年)レーシングライダー、エディ・ローソン(Eddie-Ray-Lawson)選手のスーパーバイクレプリカシリーズで登場した限定生産車の一台です。

    21世紀の今でも、カワサキファンを中心にワークスカラーのライムグリーンのカラーリングと共に人気の高いモデルです。


    カワサキ・Z1100R(型式不明 - 年式不明)_03いわゆる「ローソンレプリカ」特有のライムグリーンと、どっしりとした18インチホイールのZスタイルが特徴です。
    この個体には、カーカー(KERKER)製の集合マフラーが装着されています。
    Z系にカーカーのオーバー1,000ccと云えば、独特の野太いカワサキサウンドが響き渡ります。


    カワサキ・Z1100R(型式不明 - 年式不明)_04その他にも、オーリンズ(OHLINS)のリザーブタンク付きショックアブソーバーや、ステンレスメッシュのブレーキホース、バックステップ、スタビライザー付きのスイングアームなどなど、随所にこだわりのチューニングが施され、それらがビシッと決まっています。


    カワサキ・Z1100R(型式不明 - 年式不明)_05アップハンドルのスーパーバイクレーサーを、豪快にハングオンさせるエディ・ローソンのアメリカンライディングは、当時憧れの的でした。
    そして、そのローソンがAMAスーパーバイク選手権で、シリーズチャンピオンに輝いたのを記念して、レプリカモデルのZ1000やZ1100が限定生産されました。

    そして1980年代当時、日本国内では運輸省の認可の規定で、750cc以上のモデルは国内向けラインナップとして存在出来なかった為、国内にあるローソンレプリカシリーズは、すべて逆輸入車でした。


    カワサキ・Z1100R(型式不明 - 年式不明)_06左がスピードメーター。マイル(Mph)表示がメインで、青色でキロメートル時(Km/h)が刻まれています。
    空冷エンジンの為、水温計は無く、カワサキ特有の燃料計が中央に配置されています。
    レヴカウンターは、9,500rpmからがレッドゾーンです。
    輸入車の為、当時の国内バイクのように馬力自主規制の上限が無いZ1100Rは、100馬力を超えていました。


    カワサキ・Z1100R(型式不明 - 年式不明)_07エンジンは、1,089ccの空冷4気筒2バルブDOHCで、最高出力や最大トルクはは、北米仕様とヨーロッパ仕様で異なっていたようです。
    カワサキの空冷DOHC独特の美しいフォルムのエンジンが特徴です。
    もちろん抜群にカッコいいカワサキサウンドも標準装備でした。


    カワサキ・Z1100R(型式不明 - 年式不明)_08こちらが、栄光のゼッケン1番が描かれたチャンピオンステッカー。エディ・ローソンのサインと共に、彼がAMAスーパーバイクチャンピオンを獲った記念モデルであることの証です。

    エディ・ローソンは、カワサキでの活躍のあと、ヤマハやホンダに移って、GP500や鈴鹿8耐などでも大活躍したライダーで、終盤には四輪レースに転向し、アメリカンフォーミュラのPPGインディーカーワールドシリーズ(後のチャンプカーシリーズ。現インディーカーシリーズに事実上移行。)でもローラ・メルセデスを操りました。


    カワサキ・Z1100R(型式不明 - 年式不明)_09【こぼれ話】
    この個体は、わたしが長年お世話になっているお店、滋賀県高島市朽木にある「LOFT CAFE」さんのお客様の個体を取材させていただきました。
    ただ今回は、車体型式や年式、輸出国などの詳細を聴いていなかったので、ずいぶんと曖昧な記事になったことをご了承ください。
    また、次回お会いすることがあったときに詳しく再取材させていただこうと思っています。

    ローソンレプリカは、わたしが二輪免許を取った80年代後期頃でも憧れの1台でした。
    こんなにまぢまぢと見せていただいたのは初めてで、カーカーが発する野太いエキゾーストノートにしびれました。
    車体も1,100ccだけあって、迫力の質量で、その人気が衰えない理由も理解できました。

    カワサキは、オールドファンにもやさしいメーカーと思っているので、これからも長く走り続けてくれることを願う一台でした。

    コメント
     私も愛好者の一人です。
    27年間乗りつずけています。
    でも、走行距離は、約9、000kmです
    愛好者 #U7R5Sqds|2013/08/08(木) 23:42 [ 編集 ]
    愛好者さま

    はじめまして。Nostalgia-Cars 制作者のNostalgia1970です。
    当Webサイトをご覧頂き、コメントも頂きましてありがとうございます。

    27年・・・Z1100Rって、もうそんなになるんですね。

    距離に関係なく、長い間乗り続けると云うことは、メンテナンスもしっかりと行って来られたんでしょうね。

    これからは、時が経つほど価値ある一台になる気がします。
    これからも、大切に乗り続けられることを望みます。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。

    Nostalgia-Cars Webサイト管理者 Nostalgia1970
    Nostalgia1970 #HsmQRNbc|2013/08/15(木) 19:10 [ 編集 ]
    僕も新車購入したから所有を続け、子育てのブランクから最近復活させて、ライムグリーンを楽しんでおります。
    当時アメリカで不吉な色とされた悪魔の色をあえて選び、頂点に立ったエディーローソンはカワサキファンのヒーローでもありました。
    今後もバイクライフを楽しんでいきたいと思っております。
    悪魔の色と共に~笑
    taka #tlAGgcZ6|2013/08/20(火) 14:50 [ 編集 ]
    takaさま

    はじめまして。Nostalgia-Cars 制作者のNostalgia1970です。
    当Webサイトをご覧頂き、コメントも頂きましてありがとうございます。
    コメント返し遅くなりましてすいません。

    アメリカでは、黄緑色はそういう意味があるんですね。初めて知りました。
    ブログ拝見させていただきましたが、ローソンレプリカで岡山国際走ってらっしゃるんですね。オーバー750でのサーキット走行は、迫力あるでしょうね。
    こちら、最近は80ccのレーシングカートでも目が着いていきません。

    これからもZで豪快なアメリカンライディング、楽しんでくださいませ。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。

    Nostalgia-Cars Webサイト管理者 Nostalgia1970
    Nostalgia1970 #HsmQRNbc|2013/08/29(木) 20:08 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/64-1361e855

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.