ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)

    2011/01/22 23:52|輸入車-ボルボTB:0CM:0
    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_02ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_03
    ボルボ・122S
    (Volvo 122S - スウェーデン車 - 1968年式)
    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_04
    スウェーデンのボルボと云えば、特に80年代以降、角ばった質実剛健のイメージが定着していますが、60年代には、こんなに美しい曲面構成のセダンがありました。

    通称「アマゾン」こと、120シリーズのツインキャブレタースポーツ仕様である122Sは、21世紀の現在でも高い人気を誇る旧車です。
    ここでは、コンクールコンディションの美しい122Sをご紹介します。



    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_05
    スウェーデン人デザイナー ウィルスガールド(Jan Wilsgaard)の手による、美しい曲面を描く122Sは、1959年にデビューしました。
    それまでの121と云うモデルのツインキャブレターで、スポーツ志向のコンセプトで追加されたモデルでした。

    アマゾン(amazon)と呼ばれることが多いのですが、これは通称で、122Sなどの名称が正式のようです。
    ※他社モデルの名称との兼ね合いで、amazonと云う名前が外された経緯があるようです。


    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_06
    しなやかな曲線を描く全体の外観と、大型のオーバーライダー付きバンパーが特徴です。
    控えめなテールフィンなどのエクステリアは、アメリカ市場を意識してのものと思われます。

    122Sがデビューしたのも、ニューヨークでのモーターショウだったようです。


    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_08
    トランク右下にあるのは、ガソリン給油口です。
    2ドアボディの後席左右の窓は、巻き上げ式ではなく、後ろ側が開くようになっています。
    どことなくアメリカンな雰囲気と、ヨーロッパ車特有のボディラインが、見事に融合しています。

    デビューから半世紀が経過した今でも、世界中に愛好者がおられるようです。


    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_07【スペック】
    メーカー:ボルボ (スウェーデン国)
    車両型式:133 S
    エンジン:B20型 水冷式直列4気筒 OHV 2バルブ 1,986cc SU型ツインキャブレター付
    最大出力:119.6ps/5,800rpm
    最大トルク:16.9kgf-m/3,500rpm
    駆動方式:FR
    変速機:M40型 マニュアル式 フロア4段
    乗車定員:5名
    ※ここにご紹介している緑色の個体、122S後期型2.0L仕様のスペックを掲載しました。


    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_10ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_11


    122Sのエンジンルーム。
    ダウンドラフト式のツインキャブレターが122Sである証。
    インテークチャンバー付パワーフィルターは、社外品と思われます。
    【インプレッション】
    この122S、OHVのエンジン音が独特で、空冷のような、水平対抗のような、独特の低音を響かせてくれます。
    OHV独特のトルクで走るタイプのエンジンで、街中のスピードでも運転する楽しさを十分味わえます。

    さらに、低いギアで引っ張れば、ツインキャブレターの十分なパワー感が得られ、スロットルのレスポンスも、
    インテークチャンバーの恩恵もあってか、小気味良く応答してくれます。
    ほんとうに、運転していてワクワクするパワーユニットでした。
    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_12
    さて、内装ですが、こちらもやはりアメリカ市場を意識した雰囲気が漂い、且つヨーロッパの感性の良さが光る内装となっています。

    ボディー色と、白の革張りを上手に使い分けた、内装はじつにお洒落です。


    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_13
    ステアリングは、ホーンリングが進化したタイプの4本スポークです。
    コラムには、方向指示器だけが装備され、ヘッドライトスイッチやハザードスイッチは、インストゥルメントパネルに装備されています。
    シフトレバーは、床の奥のほうから急角度で後ろに伸びており、これがまた独特のスポーティさを醸し出しています。
    ペダル類は、スロットルペダルだけがオルガン式で、ブレーキとクラッチペダルは吊り下げ式です。


    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_14
    メーターパネルは、トランジスタラジオを思わせる、バー型のスピードメーターが特徴でした。
    スピードは、キロメートル表示ですが、水温計(TEMP)の上下を表す頭文字が、「K」(Kallの頭文字:Coldの意)と「V」(Värmeの頭文字:Heatの意)になっており、燃料計もEmpty側が「T」(Tommaの頭文字:Emptyの意)になっていて、Fuelではなく、「BENSIN」(ガソリンの意)と書いてあり、スウェーデン語表記になっているのが特徴です。


    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_17
    綺麗にポリッシュされたホイール。純正かどうかは不明だが(恐らく社外品)、122Sのスタイルにとてもよく似合っています。
    この個体には、P4と云う銘柄のピレッリタイヤが装着されておりました。
    サイズ:185-65-R15 88H


    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_18ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_19


    こちらは、とあるイベント会場で見かけた4ドアセダン。
    B18型(1,778cc)を搭載しているようです。フロントグリルの意匠から、121?と思われますが、オーナー様にお会いできなかった為、詳細不明です。
    こちらのホイールは、純正のようです。
    特徴的なピンクのボディには、細かな装飾がなされておりました。
    ※オーナー様のご家族の方にお声をかけさせて頂いて、撮らせていただきました。
    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_15ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_16


    この個体は、プロの船乗りでもある、友人の所有する個体を取材させていただきました。ありがとうございます。

    初めてお会いしたのは、数年前の中兵庫クラシックカーフェスティバルの会場でしたが、その日にいきなり運転させていただいた想い出があります。
    そして、この取材をさせていただいた日にも、運転させていただきました。

    このクルマ、ほんとうに運転が楽しい一台です。
    上記にもある通り、エンジンのフィーリングもさることながら、室内の雰囲気、外観の雰囲気まで、演出は完璧で、運転席に座った瞬間から、古き良き1960年代へタイムスリップさせてくれます。
    それでいて、「S」の名の通り、レスポンスの良いエンジンやピタッと決まるハンドリング、カッチリとしたボディ剛性感など、さすがはボルボと云う感じで、走りの方は、外観をはじめとするアメリカンな雰囲気とは一線を画すものを持っておりました。
    ボルボ・122S(スウェーデン車 - 1968年式)_20
    そして、なによりもそれらを味あわせてくれる一番の要因は、この個体の抜群のコンディションにありました。
    ほぼ50年経過しているにも関わらず、平成11年式のわたしのクルマよりも、どこもはるかにピカピカで、丁寧にメンテナンスがされておりました。

    いつまでも、大切に走り続けて欲しい一台でした。

    (右の写真:90年代のボルボ850GLEワゴンと。)
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/79-2c6b2b24

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。