ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    サターン・SC(米国車 - 1999年式)

    2011/07/13 12:13|輸入車 その他TB:0CM:4
    サターン・SC(米国車 - 1999年式)_01サターン・SC(米国車 - 1999年式)_02サターン・SC
    SATURN SC - 米国車 - 1999年式)


    このWebサイトでは比較的新しい車種ですが、既に消滅してしまったメーカーで、日本にも一時期輸入されていた珍しいクルマなのでご紹介します。

    GM(ゼネラルモータース)社のブランドの一つだった、「サターン(SATURN)」の「スポーツカー」、SCです。
    ここでは、1999年式の最終型、「3ドアスポーツクーペ」をご紹介します。


    サターン・SC(米国車 - 1999年式)_03サターンは、1997年に日本に上陸しました。主力はSシリーズといわれるセダン、ステーションワゴン、クーペからなるシリーズの2代目で、それぞれSL,SW,SCと云うモデルでした。
    日本では、2代目を意味する「SL2」「SW2」「SC2」と云う名前が付けられていたようです。

    外観は、各ボディ形状に共通する意匠で、同じGMのポンティアックブランドに通じる、個性的な彫りの深い、寄り目のヘッドライトが特徴でした。

    中でも日本では2リッターのDOHCエンジンモデルのみが輸入されたようです。


    サターン・SC(米国車 - 1999年式)_04サターンには大きな特徴がありました。外装の主要パネルの多くが弾性のある樹脂で出来ており、「叩いても蹴飛ばしても凹まない。」と云うものでした。
    実際に、発売当初のプロモーション活動では、モーターショウの展示の際に、床に設置された樹脂製のボディパネルをお客が踏んづけたり、ハンマーで叩いたりして確かめられると云う、ユニークな展示物がありました。

    また、販売ディーラーの制服が、カジュアルなポロシャツだったりと、当時としては自動車ディーラーの常識を打ち破る画期的な試みもされていました。

    ただ、実際の販売数には結びつかず、サターンは僅か4年後の2001年には、日本から撤退してしまいました。


    サターン・SC(米国車 - 1999年式)_05ここにご紹介するのは1999年式のSC(日本名:SC2)で、「3ドアスポーツクーペ」と云う、左側に後席用の観音開き式ドアを装備すると云う、シリーズ中でもさらにユニークな一台です。

    右側から見た姿は、普通の2ドアクーペボディですが、左側に周ると、観音開きドアのラインを確認することが出来ます。
    この個体は、オリジナルの状態をよく保っており、アルミホイールも純正のままでした。
    当時、「スポーツカー」と云う触れ込みでしたが、日本でのいわゆるスペシャリティーカーに近いコンセプトだったようで、ホイールも4穴タイプでした。


    サターン・SC(米国車 - 1999年式)_06後姿も、前面と共通の意匠で、曲面の大型コンビネーションランプが、フロントノーズから周り込んだウエスとラインと繋がるスタイリッシュなデザインとなっており、控えめなデザインながら大き目のリヤスポイラーも装備されていました。

    左はクォーターウインドウが分割され、後席用のドアが着いています。
    このドアは、前席のドアを開けてから出ないと開閉出来ない仕組みになっており、外側にドアノブは存在していません。


    サターン・SC(米国車 - 1999年式)_07右横からの眺めは、2ドアクーペそのもので、後席は2+2の居住空間より若干広いぐらいのスペースになっています。

    このSC2には、ガラスサンルーフも装備されていました。
    ボディサイズの関係か、2,000ccクラスながら、規格は、いわゆる「3」ナンバー車でした。


    サターン・SC(米国車 - 1999年式)_08洗練された補機類が整然と収められたエンジンルームですが、75サイズと大き目のバッテリーを搭載している位置などから、重量配分にも気を配っている設計が判ります。
    エンジンは、出来るだけ後方に搭載された、1,901ccのDOHC4バルブ4気筒で、日本向けにはこのエンジンタイプのみが輸入されていたようです。

    比較的厳しいと云われるアメリカの衝突安全基準の為か、コアサポート部分がとても頑丈に造られており、エンジンより前のノーズ部分のスペースもしっかりととられています。

    尚、日本仕様のSC2は、右ハンドルですが、ブレーキブースターが米国仕様の左側のままとなっているのが判ります。


    サターン・SC(米国車 - 1999年式)_09レザー張りのシートなど、スポーティカーの雰囲気が漂う運転席。
    トランスミッションは、この個体は4速オートマチックでしたが、SC2には5速のマニュアル車も用意されていたようです。

    90年代のクルマながら、既にエアバッグは、助手席にも装備されており、米国の安全基準の高さが伺えます。


    サターン・SC(米国車 - 1999年式)_10エンジンは、DOCH16バルブながら6,500rpmからがレッドーゾーンで、実用回転域を重視したエンジン特性であることが判ります。

    速度計は、外側がキロメートルで、内側に黄色でマイル表示が描かれています。

    多機能の4トラックカセットコンポが、センターコンソールに装備されていますが、いわゆる1DINや2DIN規格では無いので、メーカー純正品以外のステレオを装着するには、多少の加工が必要な感じがしました。
    エアコンは、マニュアル式で、こちらもセンターコンソールに一体で収められています。


    サターン・SC(米国車 - 1999年式)_11【こぼれ話】
    こちらの個体は、イタリア車のオーナー様が、車検の代車で借りてきていた個体を取材させていただきました。ありがとうございます。

    個性的な外観デザインからも判るように、従来の自動車の様々な常識を打ち破ることに挑んだビッグスリーのブランドではありましたが、僅か4年と云う、モデルのライフサイクル1世代分で日本から姿を消したサターン。
    その後、GM経営が窮地に落ちた2010年には、米国からもサターンブランドは消えてしまったそうです。

    その後、観音開きドアのアイデアは、同じくビッグスリーのフォードが大株主である日本のマツダが送り出したロータリースポーツクーペ「RX8」が採用しています。

    板金要らずの樹脂製のフェンダーは、日本でもホンダCR-Xや日産Be-1が採用していましたが、こちらも斬新なアイデアの一つとして歴史に残ることになりました。

    細かいところを見れば、必要にして十分且つ、架空のイメージ先行ではなく、使う人の側に立った戦略自体には、一見の価値があったように思いましたが、時代と合う合わない、またお国柄と合う合わないがあったのかもしれません。


    コメント
    写真とすっかり同じ車種を未だに乗っています。
    日本から撤退してから修理の部品はほとんど輸入…部品代より送料が高いのなんのって…(汗)それでもお気に入りの愛車なので直して乗っていましたが、今年の車検の時に「もうアメリカからでも部品がない」と言われ…(涙)
    今回も部品探しでネット検索中に当サイトをみつけました。
    サターンっと言ったらネット検索してもあまり評判がよくないけど、
    当サイトでの評価に嬉しくてコメントをしてしました。
    わたしにとっては10年以上乗っていても全く飽きないお気に入りの愛車です。
    ノスタルジアなマイカーをこれからも大切に乗りたいと思っています。
    ねこおばば #-|2011/10/15(土) 22:43 [ 編集 ]
    ねこおばばさん

    はじめまして、Nostalgia-Cars Webサイトの制作者 Nostalgia1970と申します。
    この度は、当サイトをご覧頂き、またコメントを頂きましてありがとうございます。

    赤のSCかっこいいですね。それに本文にもある通り、サターンは、コンセプトが先進的で
    素晴らしいと思いました。
    本国でのブランド消滅で心配していましたが、やはり部品供給が厳しくなってきましたか。
    わたしも80年代のホンダ・シティで経験がありますが、今の時期が旧車の踏ん張りどころ
    かもしれませんね。
    先日のクラシックカーフェスティバルの出品車両も殆どが既にメーカーでは看てくれない
    クルマたちでしたから、探せば生きる道は見つかるかもしれません。
    このサイトに載せている友人のトヨタ・スタウトなんかも同じ状態ですが、
    今も元気に走り回っています。

    ちなみに、このSCを所有しているこのくるま屋さんには、どうやら2台あるらしいです。

    これからも大切に乗り続けて頂いて、未来のクラシックカーイベントで周囲を「あっ!」と言わせて下さい^^)。
    Nostalgia1970 #HsmQRNbc|2011/10/16(日) 09:49 [ 編集 ]
    何度もコメしてすみません。
    「かっこいい」って言われてとても嬉しいです。
    以前、故障しレッカーで運ばれる様子をブログに載せているので
    お暇な時にでも見て下さいませ。
    http://nekoobaba.exblog.jp/10445413/
    2009年11月です。
    本当にありがとうございました。
    ねこおばば #-|2011/10/16(日) 14:31 [ 編集 ]
    ねこおばばさん

    早速ブログ見せていただきました。動画まで載せてらして、編集がまた面白かったです。
    確かに、レッカー車って普段意識しないクルマですね。仕事やレースで乗っていたことがあるんですが、確かにあの荷台の動きはサンダーバードのテーマが流れてきそうです。
    荷台のスイッチに連動して音楽流れるようにしたらおもしろいなーと想像してしまいました(笑)。

    ねこ好きの方とSC・・・なんとなく解る気がしました。
    SCって確かにネコ顔、ネコスタイルかもしれません。
    あと、このスタイリッシュなフォルムは、背景が山でも海でも都会でも似合いそうですね。

    こちら、クルマオタクなサイトですが、またいつでも寄ってくださいませ。
    Nostalgia1970 #HsmQRNbc|2011/10/17(月) 01:14 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/89-ba6043cf

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.