ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)

    2011/07/31 18:31|輸入車-アルファロメオTB:0CM:0
    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_01アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_02

    アルファロメオ・スパイダー・クァドリフォリオ・ヴェルデ
    (alfa-romeo spider quadrifoglio verde - type:ZAR115 - イタリア車 - 1991年)

    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_03ピニンファリーナがデザインしたこの美しいオープンスポーツカーは、
    1960年代中頃に登場し、幾度の改良を重ねて1990年代まで造られていました。

    わたしも個人的に大好きな一台、アルファロメオ・スパイダーです。

    ここでは4世代に別けられるシリーズの中の3番目に登場した1980年代のシリーズ3をご紹介します。


    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_04美しいピニンファリーナのやわらかい曲線が特徴のアルファロメオ・スパイダーですが、1966年に登場して以来、4度のマイナーチェンジを受けました。
    シリーズ3は80年代に、当時流行のモデファイが与えられ、特にクァドリフォリオ・ヴェルデは、ウエストラインから下が大きく変わりました。
    フロントアンダースポイラー、サイドシルスポイラー、テールアンダースポイラーと、リアフェンダーからトランクエンドに周りこむリヤスポイラーなど、エアロパーツが装着されています。

    各年代の流行のモデファイにしっかりと対応出来たところが、このクルマのデザインの凄いところです。


    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_05この個体は、オーナーさんの好みでトランク上のウレタン製リヤスポイラーは取り外されていました。
    わたしも個人的には、このリヤスポイラーの無いすっきり感が好きです。
    但し、リヤフェンダーのバンパー上に若干リフレクターとスポイラーの一部が残るそうです。

    トランクルームは、高さはあまりありませんが、意外と広い空間が確保されていました。


    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_06シリーズ3のアルミホイール。4本のボルトで固定されています。
    12個の穴が開いたデザインは、とてもシンプルですが、スパイダー・シリーズ3のボディにとてもよく似合っています。
    タイヤサイズは、195/65-R15が標準サイズとなっています。


    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_07こちらが、快音を発する水冷直列4気筒ツインカム、1,962ccのエンジン。エンジンブロック、ヘッドはアルミ製で、最大出力の115BHP/5,000rpmを後輪に伝えます。


    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_08室内を、と思いドアを開けて、まず驚いたのがこのドアの厚み。
    丸みを帯びたデザインならではのものですが、副産物としてこのような分厚い空間ができました。
    初代が1960年代に登場したモデルだけあって、スパイダーのサイドウインドウには、三角窓が着いています。
    三角窓は、21世紀でも再考すればいいのにと思うとても使い勝手の良い窓で、窓の角度を変えることで風の流入量や風向きをコントロールでき、タバコの煙から、空気の入れ替え、熱気の放出など、上手に使えば非常にいい装備ですが、80年代頃から姿を消しました。


    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_09シンプルですが、とても洗練されたデザインのドア内張り。
    サイドミラーの鏡面は、ヨーロッパ車に多く見られる青み掛かった鏡になっていました。
    オープンモデルゆえに、三角窓部分以外は、ピラーレスになっています。
    ちなみに幌の開閉は、手動式だったと記憶します。


    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_10アルファロメオ・スパイダーの室内。アルファロメオ車独特の前方から斜めに生えたシフトレバーが特徴です。
    センターコンソールに、いろんなスイッチが着いています。
    どれがどうと云う説明は難しいですが、60年代からのアルファロメオの個性が溢れています。


    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_11アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_12


    スピードメーターは、220km/hまで刻まれており、タコメーターは6,500rpmからがレッドゾーンになっています。
    DOHC車にしては低めの回転数設定ですが、設計された年代と、実用性の点からは丁度いいぐらいに思います。
    そしてアルファサウンド標準装備です。
    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_13こちらは、小ネタ的ですが、給油口とトランクのボタンは、運転席シートの左横に着いていました。
    一つづつに独立した鍵穴まで装備されている辺りが、オープンカーであることと、イタリア車であることの特徴です。


    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_14こちらも小ネタです。アフファロメオ・スパイダーの製造番号プレート。
    アルファ-ランチア インダストリアーレ SPA(alfa-lancia industriale .SPA)と表記されています。
    型式名は、ZAR115の後ろに3桁の数字が続くまでが型式のようです。
    いわゆる「115シリーズ」と云うのはここから来ているのでした。


    アルファロメオ・スパイダー(イタリア車 - 1991年)_15【こぼれ話】
    この個体は、関西のフリーマーケット会場に出展されておられた方のクルマを取材させていただきました。ありがとうございます。

    わたしは、昔からピニンファリーナのデザインするクルマがとても好きで、プロフィールにあるフェラーリ308GTSもそうですが、屋根が外れるとそれにプラス点が追加されてしまう性質があるようです。
    一時は、新型が出るとそれがピニンファリーナデザインか、ピニンが関わっているデザインを当てられた程でした。
    ちなみにそれらは、プジョー205やスズキ・エスクード、アルファ164などでした。

    と、云うことで昔から憧れる一台だったのが、アルファロメオ・スパイダー。
    存在感抜群のとても美しいスタリングのクルマでした。実車の前では無言でたぶん3時間は眺められます。

    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/92-a0258dba

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.