ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011/09/30 20:28|未分類TB:0CM:0
    【特別編】震災復興を応援する世界選手権のジャパンパワー!
    FIA-GT World Championship JR Motersports GTR
    日本国内でのモータースポーツの話題は、あまりにもマイナーなので、一般の報道ではほとんど壊滅的に報道されないのですが、世界選手権レースの一つ、「FIA-GT選手権」で、2チーム4台の日産GTRが、日本の震災復興にエールを送ってくれています。

    ここでは、特別編としてこのことを書こうと思います。

    画像:FIA-GT選手権公式サイト(英語)


    【前置き】FIA-GT選手権でのジャパンの活躍。
    2011年シーズン、日産GTR(R35型)のFIA-GTレース仕様が、2チームから計4台エントリーしています。
    選手権自体がリニューアルされる直前の2009年から、日産GTRは、試験的に参戦を始め、正式シーズン初年度の2010年は、日本人ドライバーの荒聖冶選手もGTRを操り、参加していました。

    そして、日本のGT選手権やフォーミュラニッポンでも馴染みのあるドライバーもGTRのステアリングを握っています。
    一人は、世界のテニスプレイヤー、クルム伊達公子選手の旦那さん、ミハエル・クルム選手。
    そして、嘗て、FNでも活躍した、ピーター・ダンブレック選手。

    2010年は、この二人がコンビを組み、イギリスのオートバックス的なチューニングパーツショップのチーム、その名も「スモウパワー(SUMO POWER)」のGTRで走っていたのでした。

    2011年シーズンは、二人はJR Motersportに移籍し、別のマシンに分かれて参戦しています。

    FIA-GT World Championship JR Motersports GTRJRモータースポーツチーム
    (JR Motersport - ドイツ)

    ミハエル・クルム選手と、ピーター・ダンブレック選手が所属するドイツのチーム。GTR2台をエントリーしています。
    3月の東北の震災後に開催されたレースから、リヤ・クォーターフェンダーに、「がんばれ!JAPAN」と云う文字(がんばれは、日本語で!)、そしてドアには日章旗を掲げてFIA-GT選手権を走っています。

    「がんばれ!JAPAN」・・・日本ではタブー的に扱われる「がんばれ」ですし、「ニッポン」じゃないところが、返って遠いヨーロッパの国からの気持ちが伝わって来るような気がしました。
    彼らが込めた、精いっぱいの日本語と云う感じでしょうか。


    FIA-GT World Championship Sumo Power GT GTRスモウパワーGTチーム
    (Sumo Power GT)

    1980年代に「Japan」と云う人気バンドがあった国だけに、スモウパワーと云うショップ名がいきなり親近感を覚えます。本物のお相撲の方は何かと大変な時期に入っているようですが。
    このチーム。マークもお相撲さんの一番カッコいいフォームのシルエットになっています。
    カラーリングも白と黒で、前から見ると、もしかして「まげ?」って思うデザインになっています。
    こちらもJRMと同じ位置に「がんばれ!JAPAN」を掲げてくれています。

    2010年シーズンは、クルム/ダンブレック組が日産の栄光のゼッケン!?「23」を掲げて走りました。


    ミハエル・クルム(SUMO POWER GT)この左側の人が、テニスプレイヤー、クルム伊達公子さんの旦那さん、ミハエル・クルム選手。
    全日本GT選手権でも、R35型GTRを操る、世界のGTR使いです。

    しかも、9月現在、FIA-GTドライバー選手権部門のシリーズランキングトップです。
    冷静で確実な、ベテランらしいレース展開を毎回見せてくれています。そしてイザという時は、クルムチャージで鋭い追い上げも見せます。
    世界のクルム夫妻!
    じつは、筆者は伊達公子さんのテニスだけは昔から見てました。


    このFIA(国際自動車連盟)の公式世界選手権「FIA-GT」は、公式Webサイトで、直近の2レースが丸ごと見られますので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください(但し英語サイトです。)
    日産GTRが、世界のスーパーカー、ランボルギーニ・ムルシェラーゴ、アストンマーチンDB9、シボレーコルベット、フォードGTを相手に、堂々の戦いを見せてくれています。

    GT1 Championship Race from Beijing Watch Again 投稿者 GT1

    日本では、あまり知られる機会が無くとも、ヨーロッパのアスリートたちは復興にエールを送ってくれています!
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/95-848b7716

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。