ちょっと古いクルマたち。ノスタルジア。 サイト制作者自身が取材、入手した写真を中心に、試乗記や紹介をしています。今では珍しい少し古い自動車を題材にしたWebサイトです。

    Nostalgia-Cars Trade Mark

    メーカー別のカテゴリ

    国産車、輸入車毎に、メーカー別に表示することが出来ます。

    サイト内検索

    QRコード

    QR

    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)

    2011/10/17 14:36|日本車-日産TB:0CM:2
    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_01オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_02

    オーテックジャパンセドリックロイヤルリムジン
    (Autech-Japan CEDRIC ROYAL LIMOUSINE - PAY31改型 - 1987年式)
    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_03珍しいセドリックをご紹介します。Y31セドリックと云えば、モデルライフサイクル日本一の国産セダンですが、その初期には、バブル景気の時期もあり、豪華なストレッチリムジンが、日産自動車の特装車部門が独立した「株式会社オーテックジャパン」の手で創られていました。

    ここでは、今や大変貴重なロイヤルリムジンの一台をご紹介します。



    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_041986年に、日産自動車の特装車部門(パトカー、救急車や保冷車から、ハイウェイスターなどの一般向け特別仕様車を含む特別装備車を作る部門)が、独立して「株式会社オーテックジャパン」となりました。この頃の日本はバブル景気の盛りでした。

    そんな時代の需要を見込んで東京モーターショウに登場したのが、このY31セドリックセダンをベースに全長を伸ばした「ロイヤルリムジン」でした。
    そして、その出品モデルは、翌1987年に販売されました。


    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_05外観は、セドリックのボディパネルそのものなのですが、大きなフロントグリルやテールランプ、オーナメント(バッジ)など、細部が異なります。
    Y31型の3,000cc V6モデルをベースにしており、前後バンパーは、大型のものが着いていました。

    「NISSAN CEDRIC」のバッジもリヤにちゃんと残っています。
    一説には、当時のセドリック・グロリアのカタログに普通に載っていたと云います。


    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_06こちらが、オーテックジャパンセドリックロイヤルリムジン専用の大型フロントグリル。
    ノーマルのセドリックと比較して、厚みがあります。そして中央に大きなエンブレム?が入っているのが特徴です。

    ただ、意外だったのはこの種の高級リムジンにありがちな、ボンネットの先端にそびえ立つ立派なマークは装備していません。
    これはボンネットに突起物があると安全上良くないなどの理由かもしれません。


    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_07これは、日本ならでは、さらに日産系ならではのオプションがさりげなく着いていました。
    このクルマのオーナーの「家紋」が、延長されたサイド部分の柱に入れられています。
    ちなみにこの家紋は、初代オーナーのものだそうです。

    ちなみに、家紋の名前は「五三桐(ごさんのきり)」と云う家紋だそうで、五大紋の一つに属する皇室、将軍家から庶民まで、幅広く分布する家紋だそうです。


    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_08さて、エンジンは1987年当時の日産のフラッグシップエンジン、「VG30ET」型、2,960cc、水冷式V型6気筒SOHC2バルブのターボチャージャー付でした。
    フェアレディZ(31系)などにも積まれていたエンジンです。当時、グロスで230馬力と発表されていました。

    ちなみに、当時は「プラズマα V6 3000 VG30ET」などと長い名前で呼ばれていたと思います。
    エンジンルームは、V6ターボのセドリックそのものでした。


    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_09そして、このロイヤルリムジンは、エアサスペンションを装備していました。さすが高級車と云う感じですが、定期的なパーツ交換が必要といわれるエアサスを、30年近くも保持しているのは凄いと思いました。

    わたしは、同じくオーテックのセドリック・ブライダルに乗っていますが、こちらはタクシーと同じボヨンボヨンのサスペンションなので、このリムジンの乗り心地が気になるところでした。


    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_10室内ですが、前席の眺めは、セドリックセダンのブロアムモデルと同じでした。しかし、しっかりと本皮シートが装着されています。
    ちなみにシフトは、コラムの4段ATで、シートはセパレート型となっていました。

    乗車定員は、車検上も構造上も4名乗車となっています。


    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_11そして、ロイヤルリムジンの真骨頂がこれ。VIPをお迎えする後席は、前席とパーティションで区切られ、内装色も後席専用の革張りと同じ色で統一されており、ウォールナットもより豪華なものが与えられていました。
    右奥の出っ張った部分は恐らくテーブルが出てくると思われます。埋め込みのテレビがブラウン管や、オーディオシステムが時代を感じさせますが、どこに出してもおかしくない高級感が漂う空間でした。
    ちなみに、この豪華なパーティションパネルを装備しないタイプもあったようです。


    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_12マニアには気になる部分を少し。
    オーテックのロイヤルリムジンは、87年にセドリックとグロリアベースのものが創られたようで、生産はこの一回切りだったようです。実際にどれぐらいの台数が売れたのかは不明です。
    さらに、後に90年代にもロイヤルリムジンが創られましたが、こちらはプレジデントベースだったようです。

    このセドリックロイヤルリムジンは、型式名は、セドリックと同じ「Y31」系のままで「E-PAY31」となっていました。車検証には、ブライダルセダンと同じく「PAY31改」となって、「改」が着いていると思われます。
    ※わたしのブライダルセダンは、「QJY31改」です。


    オーテックジャパン・ロイヤルリムジン(PAY31型改 - 1987年型)_13【こぼれ話】
    この個体は、「チームヤマモト・クラシックカーフェスティバル 2011(京都府丹波市)」の会場の駐車場で見つけて、オーナーさんにお声をかけさせて頂き、取材させていただきました。ありがとうございます。

    じつは、大変若い方が現オーナーで、オーナーさんの今風のファッションと、このロイヤルリムジンの組み合わせが、なんともかっこよかったのでした。

    じつは、以前に給油中のこの個体を見たことがあり、オーテックがバブル期にリムジンを創っていたのはなんとなく覚えていたのですが、わたしもセドリック・ブライダルセダンに乗っているので、ロイヤルリムジンの実物をこのようにじっくりと見たのは初めてでしたので、興奮モノでした。

    同じY31セドリックベースのオーテック特装車でも、こちらは高級車で当時は1,000万以上のプライスで売られていたそうですから、ブライダルのタクシー内装とは桁違いな豪華ぶりに感激でした。

    エアサスを含め、オリジナルの状態をよく保たれており、これからも大切に乗り続けて欲しいなぁ~と、同じオーテック車オーナーとして思いました。いつか並べて見たい!
    【参考:オーテックジャパン・セドリック・ブライダルセダン・Bタイプ(1999年)】
    オーテックジャパン・セドリック・ブライダルセダン(QJY31改型 - 1999年式)_01オーテックジャパン・セドリック・ブライダルセダン(QJY31改型 - 1999年式)_02


    コメント
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。
    リート #-|2013/03/14(木) 21:34 [ 編集 ]
    リート様

    はじめまして。Nostalgia-Cars Webサイト制作者のNostalgia1970と申します。
    この度は、当Webサイトをご覧頂き、またコメントを頂きましてありがとうございます。
    更新はゆっくりとしたペースですが、春と秋の旧車イベントで毎回、取材して来ておりますので、よろしければちょくちょく覗いてやって頂けると幸いです。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    Nostalgia-Cars Webサイト管理者 Nostalgia1970

    Nostalgia1970 #HsmQRNbc|2013/03/15(金) 22:01 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURLはこちら
    http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/tb.php/97-199c9849

    制作者紹介

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

     |  日本車-いすゞ | 日本車-カワサキ | 日本車-スズキ | 日本車-スバル | 日本車-ダイハツ | 日本車-トヨタ | 日本車-日産 | 日本車-日野 | 日本車-ホンダ | 日本車-マツダ | 日本車-光岡 | 日本車-三菱 | 日本車-ヤマハ | 日本車-リボン | 日本車 その他 | 輸入車-アルファロメオ | 輸入車-オールズモビル | 輸入車-クライスラー | 輸入車-トライアンフ | 輸入車-ジャガー | 輸入車-ヒルマン | 輸入車-BMW | 輸入車-フィアット | 輸入車-フェラーリ | 輸入車-フォード | 輸入車-ベンツ | 輸入車-ボルボ | 輸入車-ポルシェ | 輸入車-マセラティ | 輸入車-マーコス | 輸入車-モーガン | 輸入車-ランチア | 輸入車-ルノー | 輸入車-ローバー | 輸入車-ロータス | 輸入車 その他 | 【特集】 | 【壁紙】 | ごあいさつ | 未分類 | 
    Copyright(C) 2010All Rights Reserved. Nostalgia-Cars
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.